一日をどう過ごしていますか?残りの人生のタイムリミット知ってる?

sponsored links



こんにちは。fumiyaです。

みなさん一日をどう過ごしていますか?

どうだっていいでしょ?って思われるかもしれませんが、私は最近大幅に生活スタイルを変更しました。

いきなり話は変わりますが、先日、市川海老蔵氏の妻である小林真央さんが、34歳という若さでこの世を去りました。子供2人に恵まれ、これからという時に、最愛の家族との早すぎる別れ…。ご冥福を心よりお祈り申し上げます。

このような出来事は、もしかしたら私にも起こる可能性だって十分あるでしょう。もちろんみなさんにだって起こる可能性はあるでしょう。私にも、4歳と2歳の子供がいます。子供が生まれてから、この子達の成長を見届けたいという気持ちがとても強くなりました。一日、一日を全力で生きていきたい。仕事も子供と遊ぶにも、後からやっておけば良かったと思わないように。

 

話は戻りますが、

私は31歳になり、平均寿命を考えると、とうとう人生の3分の1以上が経過しました。

これを、まだまだ時間がある?ない?

みなさんは、どう感じますか?

 

まず、時間は人類みな平等に与えられたものです。

全員が1日24時間です。

これを1年で考えると、

365日×24時間=8760時間

 

男性の平均寿命は約80歳なので、

80歳×8760時間=700,800時間

そう、約70万時間になります。

 

私が、31歳なので、

80歳-31歳=49歳

49歳×24時間×365日=429,240時間

約42万時間になります。

 

ピンとは来ないかもしれません。

さらに、1日睡眠時間を8時間と仮定して、

8時間×365日=2,920時間

寝ていることになります。

2,920時間×49歳=143,080

約14万時間。

寝ている時間を引くと、

42万時間-14万時間=28万時間

 

80歳まで生きると仮定して、

 

私の残りの人生、

タイムリミットは約28万時間…

28万時間を年に直すと、残り約32年…

残り32年だと…

 

これが、アクティブに活動できるであろうと予想される、私のタイムリミットのようです。

あくまで、平均寿命まで生きると仮定した場合であって、もちろんこれより短くなる可能性もあるし、長くなる可能性だってある。

ただ、時間は有限であることを自覚してほしい。

いつまでも永遠にはない。

私は、30歳になったときに、ふと「これからの人生このままでいいのか?」と、考える機会が多くなり、このように、残りのタイムリミットを計算してみました。私は別に、幸せじゃなかったわけではない。いや、むしろ、妻と出会い、子供にも恵まれ、幸せな人生だと思う。

ただ、1度きりの人生。

なんとなく過ごす一日を減らしたい。

なんとなく、暇だからゲームでもして時間潰すか?という時間をなくしたい。

付き合いだから飲みに行くか?という時間をなくしたい。

 

上記は例えであって、人それぞれ考えは違うとは思うが、「時間」を考えると、このような意識を持つことが大事だと思う。

だって、時間は有限なのだから。

 

以上、fumiyaでした。

 

~追伸~

先日、私は親友と飲みに行きました。久しぶりに会ったため、話も盛り上がり、お酒も結構飲みました。

やっちゃいました。

案の定、次の日は二日酔いで、丸一日無駄にしました。

時間は有限なのに…笑

みさなん、お酒は適度に飲みましょう。飲める量を把握しましょう。

 

 

sponsored links



ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、理学療法士のfumiyaです。1986年生まれ/妻と子供2人の4人家族。ブログ【PUSH】を運営しています。30代のただのサラリーマンが、行動することでどのように変化していくのか、変化できるのか。向かったベクトルがあちこち進んで迷走中ですが、できるだけ暖かい目で見守ってほしいです。