Google ADSenseポリシーを再確認。初心者必見!【2017年7月版】

sponsored links



こんにちは。fumiyaです。

Google ADSenseを死守するためにADSenseプログラムポリシーを理解することが必須になってきます。せっかく審査をくぐり抜け、合格したのに自らの手でアカウント停止になるのはもったいないため、今回はポリシーの再確認をしていきたいと思います。

しくじり先生にならないために

Google先生から私のような素人のために、このような通知がきています。

ADSenseポリシー:初心者向けガイド

詳しくはこちらを熟読してください。こちらに記載してあること、ざっくりと説明すると、

  • 自分のサイトのGoogle広告をクリックしない

もし広告の内容を確認したいのであれば、広告のURLを直接入れて検索する

  • あなたのGoogle広告をクリックするよう他のユーザーに依頼しない

報酬を得るために、ほかのユーザーにお願いしたり、広告をクリックするように誘導することは禁止する

  • 広告の設置場所は慎重に選択する

ユーザーが間違えてクリックしないように、記事と広告の間隔を取ること、記事の周りと広告を同じフォーマットにしないこと。広告のすぐ近くに画像を配置しないようにする

  • Googleアナリティクスを利用する

ADSenseとアナリティクスを最適化する

  • コンテンツの制限

アダルト、著作権で保護されている記事、暴力的、誹謗中傷的な記事は禁止している

  • 付加価値のあるコンテンツを作成する

質の高い記事を書く

  • ADSenseコードを改ざんしてはダメ

特別な許可がない限りしてはいけない

  • Googleの商標を尊重する

Googleからの事前の同意なしに、商標、ロゴ、スクリーンショット、ウェブページなどのGoogleブランドを使用してはいけない

  • 問題に対処する

Googleからあなたの問題点を連絡することがあるので、問題点を改善するように心がける。たとえば、広告の配置をもっと適切な場所へ張り替えてほしいなど

  • コンテンツを超える数の広告をページに配置しない

昔のポリシーを書いてある記事を見ていると、1ページに貼れる広告の数は制限されていたみたいだが、現在は数の細かい制限まではされていない

  • アカウント停止または閉鎖することにより、報酬は支払われないことも

 

以上のことを順守してサイト、ブログの健全な運営をしていく必要があります。是非とも、win-winな関係を築いていきたいですね。あとは、「アドセンス狩り」なんて言う言葉があるくらいなので、狩られないようにセキュリティーを強化する必要がありますね。特に、私のような「ど素人」なんかは、対策をしないと標的の対象にされてしまうかも。そのため、勉強もかねてセキュリティー方法については、また後日記載する予定です。

 

以上、fumiyaでした。

sponsored links



ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、理学療法士のfumiyaです。1986年生まれ/妻と子供2人の4人家族。ブログ【PUSH】を運営しています。30代のただのサラリーマンが、行動することでどのように変化していくのか、変化できるのか。向かったベクトルがあちこち進んで迷走中ですが、できるだけ暖かい目で見守ってほしいです。