【素人ブログ部】初心者も上級者もするアドセンス狩り対策

sponsored links



こんにちは。fumiyaです。

本日は、アドセンス狩りについて学んでいきたいと思います。

アドセンス狩りとは

Google  ADSenseのポリシーの中に「自分の広告をクリックしてはいけない、不正にクリックを集めてはならない、禁止コンテンツ(アダルト、反社会的な記事)」という説明があったはずです。これらを守らなければ最悪アカウント停止になります。そのため、悪質な第三者がサイトに不正にアクセスして、広告をわざと何回もクリックする、もしくは禁止コンテンツに自分の広告コードを勝手に貼るなど、Google先生に不正したと思わせる悪質な行為をアドセンス狩りといいます。

せっかく苦労して審査をクリアしたのに、第三者による悪質な行為により二度とGoogle ADSenseを取得できなくなるなんて最悪です。もちろん不正を行った第三者がいけないのですが、管理しているあなたも対策をしなければいけません。そのため、まず簡単にできる対策を説明します。

Google ADSenseにの審査に合格したらやっておきたいこと

不正ログインの対策として、

  1. ワードプレスのプラグイン【SiteGuard WP Plugin 】を活用しましょう。このプラグインはものすごく設定が簡単で、素人の私でもすぐに設定ができました。
  2. 【SiteGuard WP Plugin 】をインストールします。
  3. インストールしたら有効化します

はい。これでOKです。たったこれだけです。有効化すると、ワードプレスログイン画面で以下のような画面に変更になります。まあ、これはADSenseの審査に通過する前から、導入していることが多いかと思います。

 

広告コードの対策として、

  1. Google ADSenseのホームにいきます。
  2. 画面左側にあるメニューから「設定」をクリックします。
  3. 「自分のサイト」をクリックします。そうすると、「サイトを管理」という画面になります。
  4. サイトと書いてある下の欄に「自分のサイトのURLが記載(~.comなど)」がされていると思います。ここから画面の右隅まで目をやると、縦に並んだ3つの黒チョボがあります。これをクリックします。
  5. クリックすると、タブが出てきますので、ここで「サイトを認証」をクリックします。
  6. すると「所有権を確認したサイトだけに広告コードの使用を許可する」と記載があります。この横にチェックするところがあるので、ここにチェックを入れて、保存してください。

これで、設定は終了です。「自分のサイト」のページにいき、サイトの認証は有効ですと記載してあれば、設定がうまく行われている証拠です。これにより、ほかのサイトに広告を勝手に貼られても、報酬が発生しないのでアカウント停止が避けることができます。

*新しいサイトにアドセンス広告を貼る場合は、ここにサイトの登録を行う必要があります。

まとめ

もちろん悪質な第三者が存在しないことが一番良いのですが、実際にアドセンス狩りが行われているのが現実です。そのため、自分のサイトは自分で守るしかないのです。アドセンス狩りの対策として、不正にアクセスされないアドセンス広告表示許可のサイト設定を行うことが挙げられます。

以上、fumiyaでした。

 

sponsored links



ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、理学療法士のfumiyaです。1986年生まれ/妻と子供2人の4人家族。ブログ【PUSH】を運営しています。30代のただのサラリーマンが、行動することでどのように変化していくのか、変化できるのか。向かったベクトルがあちこち進んで迷走中ですが、できるだけ暖かい目で見守ってほしいです。