google アナリティクス使い方【超初心者・ブログ部】

sponsored links



こんにちは。fumiyaです。

前回、google アナリティクスの基本的な用語を学びました。今回は、確認しながら使い方を学んでいきたいと思います。私は、スマホ端末(android)で確認することが多いので、今回はスマホ端末でのアナリティクスの基本的な使い方について説明します。
基本的な用語を学ぶにはこちらから

アナリティクスの使い方

  • まずスマホ端末にgoogle アナリティクスのアプリをインストールします。
  • アナリティクスのトラッキングコードを取得
  1. アナリティクスのページで、googleアカウントでログインする
  2. 申し込みをする
  3. 項目に入力していく:「アカウント名」、「ウェブサイト名」、「ウェブサイトURL(http://は入力しなくてよい)」、「業種(私は雑記だったかな)」、「レポートのタイムゾーン(日本なら日本を選択)」、「データ共有設定(そのままでOK)」以上が登録し終わると、トラッキングコードを取得をクリック。
  4. 利用規約に同意する
  5. トラッキングコード・トラッキングIDを取得可能になる

 

トラッキングIDを使用する場合

ワードプレスのAll in One SEOをインストールしていない人は、プラグイン新規追加からインストールしましょう。コードを張り付けるより複雑ではないのでインストールすることをおススメします。

インストールしてからの手順としては、

  1. ワードプレスメニューからAll in One SEOをクリック
  2. 「一般設定」をクリック
  3. 下にスクロールしていくと、google settingの項目があり、その中のgoogle アナリティクスIDを見つけてください
  4. 先ほどのコピーしたトラッキングIDを貼ります
  5. 貼ったら、connect with google analyticsをクリック
  6. 変更を保存をクリックして設定完了!

これで準備は整いました。

さあ、google アナリティクスを使用しよう

私のスマホ端末で開くと、上の図のように表示される。「リアルタイム 現在のユーザー数 1」となっているのが、そのままの通り、今現在このブログを見ているあなたが表示されます。

 

上の図を見てください。ホーム下にある日付をタップすると、分析期間を設定できます。この図では、1か月を期間にして表示されています。ちなみにこのブログは2017/6/11に開設したので、約1か月毎日コンテンツを更新したが、あまりにも残念な結果が表示されているのにお気づきだろうか。(あまり図をじろじろ見ないでくださいね。訪問人数が少なすぎて悲しくなりますから。泣)

用語を確認すると、

  • ユーザー:訪問したユーザーの数(同じ人が何回訪問しても一回とカウント)
  • セッション数:訪問数
  • 新規ユーザー:新しい訪問したユーザーの数

さらに下にスクロールしていくと、以下のような画面になります。

このように、図とグラフで1か月(ここでは1か月の設定、設定しなければ初めは1週間設定でした)のデータが分かるようになっています。先ほどの上の図と合わせて見ると、9人のユーザーが1か月の間で614ページ見てくれたことになります。その中で、1ページだけ見て他のブログにいくか、ブラウザーを閉じたという割合が40.71%もあるので、いかにコンテンツの質が悪かったのかを表してくれます。(汗)こうやって、数値化されるのは非常に良いですね。

用語を確認すると、

  • ページビュー数:記事を見てもらえた回数の合計
  • ページ/セッション数:1訪問あたりのページビュー数
  • 直帰率:1ページだけみて帰ってしまった割合
  • 平均セッション継続時間:1ページにあたり平均滞在時間

まとめ

このように、スマホ端末からでもすぐにリアルタイムな状況を把握することができるので、google アナリティクスを使用しないわけにはいけません。私は隙間時間にちょこちょこ確認するのですが、結果として落ち込むだけなので、最近はあまり見ないようにしています(笑)。しかし、この1か月で9人の訪問者があったことをポジティブに受け止めて、さらに質の良いコンテンツを書いていきたいと思っている次第であります。

 

以上、fumiyaでした。

sponsored links



ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、理学療法士のfumiyaです。1986年生まれ/妻と子供2人の4人家族。ブログ【PUSH】を運営しています。30代のただのサラリーマンが、行動することでどのように変化していくのか、変化できるのか。向かったベクトルがあちこち進んで迷走中ですが、できるだけ暖かい目で見守ってほしいです。