えっ!リスティング広告禁止、NGワード?ルールを学ぶ【ブログ部】

sponsored links



こんにちは。fumiyaです。

本格的に収益化を目指そうと思い、アフィリエイトサイトへ登録しにいざ出陣です。

自身のサイトを持たなくても登録できるところから、審査が厳しいところまで様々なサイトがありました。

私が登録申請したサイトは、定番中の定番の

  1. A8.net
  2. アフィリエイトB
  3. もしもアフィリ
  4. 楽天アフィリエイト
  5. Amazon アソシエイト

以上の5つになります。

登録して審査を通過したのは4つでした。Amazon アソシエイトさんに見事に惨敗(泣)

まだまだ未熟だったと反省。その件については別の機会で対策など触れていきたいと思います。

今回は、いざアフィリエイトサイトに登録を済ませたが、これ何?どういうこと?って感じたことがありましたので、それについて述べていきたいと思います。

リスティング広告禁止 or 一部禁止

実際に、おススメしたい商品を選び広告を貼ろうというところまで一応準備はできました。すると、なにやら注意事項的なものが書いてあります。

  • キャンセル:そらもらえないですよね
  • いたずら:いたずらはダメ
  • 重複:他のサイトから注文がかぶってしまった
  • 不正:不正絶対ダメ
  • リスティング違反?

えっ?なにこの単語?上の4つはなんとなくダメなのは分かるけど、単語の意味すら分からない。

私は、せっかく取得・登録したサイトを違反で取り消されたくなかったので、広告を貼るのをためらいました。(単純にびびって止めただけですが)

他の商品を見ても、リスティング制限:指名(会社名、ブランド名、関連商品)との掛け合わせNGとの記載。

これは、どういうことだぁぁぁぁぁぁ。

わからずその日は広告を貼るのを完全に断念。

そしてリサーチ。

私が参考したとても分かりやすい記事はこれ!(運用型WEB広告のスペシャリスト集団のアドリスさん)

非常に分かりやすかったので助かりました。

リスティング広告というのは、検索連動型広告と呼ばれるもので、YahooやGoogleに検索結果に表示されている広告の事です。

下の図を見てください。青枠で囲まれた部分がリスティング広告の部分になります。(Yahooの画面です)

このような場合、「広告」との記載があるので一度確認してみてください。リスティング広告は費用をかけて広告するものなので、最も費用をかければ一番上に表示されることになります。

ということは、費用をかけて広告する予定はない、ブログの記事の中で紹介していく予定の私にとっては、全く気にする必要がなかったということになります。少し時間を無駄にしたような気がしますが、何事も勉強です。今日も1つ賢くなりました。地道にやっていきたいと思います。

 

以上、fumiyaでした。

 

sponsored links



ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、理学療法士のfumiyaです。1986年生まれ/妻と子供2人の4人家族。ブログ【PUSH】を運営しています。30代のただのサラリーマンが、行動することでどのように変化していくのか、変化できるのか。向かったベクトルがあちこち進んで迷走中ですが、できるだけ暖かい目で見守ってほしいです。