新しいパソコンを購入するときに知っておきたいポイント

sponsored links



こんにちは。fumiyaです。

新しいノートパソコンの購入を考えています。

パソコンの買い替えを検討している方は是非こちらも参考に

スペックも気になるのですが、毎月妻からおこずかいを貰えない私なので(泣)、やはり価格を安く抑えることがポイントになってきます。そこで、価格を少しでも安く抑える手段があるかを考えてみます。

Micro office付き or Micro officeなし

値段を抑えるなら、まずはここでしょうか。

Micro office付きのパソコンでは、「word」「excel」「power point」が初めから導入されているので、購入してすぐに使用が可能になっています。

Micro officeなしでのパソコンでは、ソフトが入っていないので「word」などがすぐに使用でないようになっています。

価格を比較してみる

Micro office付きのパソコン

 

Micro officeなしのパソコン

比較検討したPC

PC:DELL  Inspiron 11 3000 エントリー

液晶サイズ:11.6インチ

CPU:Pentium N3710(Braswell)/1.6GHz/4コア

CPUスコア:1897

ストレージ容量:SSD:128GB

メモリ容量:4GB

OS:Windows 10 Home 64bit

 

office付きパソコン¥55,638

officeなしパソコン¥39,438

 

差額¥16,200

やはり、officeなしではコストを少し抑えることができそうです。

 

Micro officeのソフトを購入(ダウンロード版)すると、

(価格.com 2017/7/22調べ ランキング1位)

けど、やっぱり仕事で「word」「excel」が必要だ。

プレゼンで「power point」が必要だ。

という方には、購入後にofficeをダウンロードできます。

ダウンロード版では¥12,744円なので、office付きのパソコンを購入するより、わずかではありますがお得です。

内訳:39,438+12,744=52,182  55,638-52,182=3,456 ¥3,456円のお得の用です

今はofficeのソフトは購入しなくてもいい!?

あなたはMicro officeのアカウントを持っていますか?

持ってなければ、是非作成することをおススメします。

なぜなら、officeソフトがパソコンの中に入っていなくても、Microsoft Onlineを利用することで、「word」「excel」「power point」ができるようになるからです。必要なのは、Microsoftのアカウントのみ

wordでも、

excelでも、

power pointでも、

以上、出典Microsoft online HPより

アカウントを作成すれば、パソコンで作成した「word」、「excel」、「power point」のデータを、移動中にスマホからでも、いつでも様々なデータを修正することができるようになるというメリットがあります。これは、利用しないわけにはいかないですね。インターネットは本当に便利になりました。知らないと、どんどん損してしまいますね。

まとめ

  1. パソコンをできるだけ安く買いたい
  2. 購入するPCにMicrosoft officeが入っていないほうが安い
  3. wordやexcelなどが使いたい場合は、Microsoft onlineのサービスを利用する

 

以上、fumiyaでした。

 

 

 

sponsored links



ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、理学療法士のfumiyaです。1986年生まれ/妻と子供2人の4人家族。ブログ【PUSH】を運営しています。30代のただのサラリーマンが、行動することでどのように変化していくのか、変化できるのか。向かったベクトルがあちこち進んで迷走中ですが、できるだけ暖かい目で見守ってほしいです。