リハビリ中に聞くべき2つの質問

リハビリ中に聞くべき質問

sponsored links



こんにちは。fumiyaです。

私は理学療法士(いわゆるリハビリの仕事)として、病院・介護分野に勤めていますが、患者さんや利用者さんは、我々にものすごく気を使っている感をすごい感じます。(私だけかもしれませんが)

遠慮して聞きたいこと、言いたいことも聞けず、言えずじまいになってはいませんか?

そのため、「これだけは聞いておいてほうがいいよ」と思うことを2つだけ紹介します。

リハビリ中に聞くべきこと

  1. この症状はどこからきてるの?
  2. 家で何をすればいいのか?逆にやってはいけないこと

 

この症状はどこからきてるの

この症状はどこからきてるの?

医療が発展した現在でも、病気の原因が100%分かっているわけではありません。しかし、これは必ず聞きましょう。根本的な原因を理解することによって、何をすべきなのかが浮かんできます。

例えば、腰に痛みがある場合を想定しましょう。(レントゲン、MRIなどで画像に異常がなかったとします)

筋肉の緊張が高く、いわゆる張っている状態、このようなケースでは、腰の筋肉のストレッチなり、マッサージなりトレーニングなどを行うかもしれません。しかし、なぜ毎日生活している中で、この人は腰にだけ痛みが現れるのだろう?

痛みは腰に出現していますが、腰への原因は、他にあるのかもしれません。

例えば、股関節が固い場合。この場合、腰がより大きく動いて股関節の固さをカバーしようとします。そのため、腰により負担がかかってしまうことになります。

そのため、腰へのストレッチ、マッサージなどで一時的に症状が落ち着いても、股関節の固さを取り除いてあげなければ、その人の腰への負担は変わらず、同じ生活をしていれば、また腰の痛みが出現する可能性が高いことが理解できます。腰に対しての運動を行うだけではなく、股関節に対しての運動も重要だと理解することが出来ますよね。

 

家で何をすればいいのか?逆にやってはいけないこと

何をして良いのか?悪いのか?

私たちは、自宅で自主トレとして実施して欲しいことや、禁忌事項(やってはいけないこと)はあれば随時説明しているつもりではいますが、我々とのギャップがあることもしばしば経験します。

例えば、膝に痛みがある人に、痛みの出ない方法でストレッチ、運動方法を指導する機会はよくあります。しかし、運動すると良いということだけに、意識がいってしまいウォーキングをしようとするんです。もちろんウォーキングは良い運動ですが、痛みがでることをわざわざ実施しなくてもいいのです。頑張りすぎると痛みがなかなか治まらない原因にもつながりかねません。

私たちも、分かりやすい説明をすることに努めなければいけませんが、「何が良くて、何が悪いのか」理解を深めるためにもこの質問は投げかけたほうが良いでしょう。

おわりに

症状への理解が深まることで、より良い方向へ加速するものだと思っております。

家に帰ってから聞けばよかったと後悔することなく、これだけでも聞いて帰るようにしてはいかがでしょうか?

 

以上、fumiyaでした。

sponsored links



リハビリ中に聞くべき質問

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、理学療法士のfumiyaです。1986年生まれ/妻と子供2人の4人家族。ブログ【PUSH】を運営しています。30代のただのサラリーマンが、行動することでどのように変化していくのか、変化できるのか。向かったベクトルがあちこち進んで迷走中ですが、できるだけ暖かい目で見守ってほしいです。