スマホを友人からもらったので、格安SIMへの乗り換えを検討してみる

スマホ 

sponsored links



こんにちは。fumiyaです。

3日前の出来事です。

友人A
スマホを機種変更したので、余ったスマホいる?

私は、他の友人の手に渡るものかと急いで返信。

fumiya
えっ!まだWiFi環境下で使うことできるから、もったいないよ

スマホは欲しいが、一応まだ使用できることを友人に教えるが、

友人A
機械分からないからいらない

ん…?

fumiya
そこまで言うならもらってあげるよ

という感じで、Android端末(docomo)を入手することができました。

android

以前は、i Phoneユーザーだったんですが、周りがみんなi Phoneになったので、Androidに変更して約1年。

fumiya
周りと一緒はなんか嫌だ。笑)慣れるとAndroidすごい使いやすいよ。

それを機に、携帯料金が夫婦で2万円ほどかかっていたので、とりあえず私だけ格安SIMへ移行。

私が当時選んだのが【楽天モバイル】

選んだ一番の理由が私が楽天ユーザーだったから。結構楽天でショッピングしていたので、ポイントがサクッと貯まるんです。

私の場合は、7倍。

fumiya
もう一度言います。7倍ですよ

これ結構おいしいです。

 

通信速度が格安SIMの会社によって異なり、あっちは遅いやこっちは早い、安定しているなど言われていましたが、私にはなんのことやらさっぱり。

外出先で、スマホをあまり使用しないし、動画なんてむしろ見ない、自宅ではWiFi環境だし、通信速度の事は私はあまり考慮せず。まあ考えてもあまり分からないので…

ただ料金は安いほうが良い。電話とラインができれば問題なし。

ってガラケーでいいやん。

fumiya
そこは、みんなと同じスマホを持たせて(汗)

実際1年程使ってみましたが、通信速度でイライラしたことはないです

ヘビーユーザーでなければ、格安SIMへの乗り換えは、節約を考えると有効ですよ。最近大手キャリア(au、docomo、softbank)でも安い料金プランが出ていますけど、料金で考えると大手キャリアは劣性かな。

けど「人」対「人」でやり取りできるのが、大手キャリアの強みなのかな。

やはり「人」は信用で行動するのか。

まあそこを割り切れるかどうか。

fumiya
私は、家庭の固定費をどうにかしたかったので、迷わず料金の安い方を選択しました

それならもっと早くすれば良かったのに。

fumiya
そうなんです。理由は、ただ知らなかった。そこは本当後悔しています

こんなに情報が溢れている世の中で「知らない」っていうことが、どれだけ怖いものなのかを実感した出来事でもありました。

fumiya
今回は、無料でAndroid(docomo)端末をゲットできたので、私の奥さんのスマホを格安SIMに変更したいと考えていきたいです

気になっている格安SIM

fumiya
まず気になっているのは、LINEモバイルかな

LINEモバイル

みんなが大好きな「LINE」です。

ざっと料金・プランは以下の3つようになっています。

LINEフリープラン

 高速データ通信料月額料金
データ通信のみ1GB500円
データ通信+SMS1GB620円
データ通信+音声通話1GB1200円

コミュニケーションフリープラン

高速データ通信料データ通信+SMSデータ通信+音声通話
3GB1110円1690円
5GB1640円2220円
7GB2300円2880円
10GB2640円3220円

MUSIC+プラン

容量データ通信+SMSデータ通信+音声通話
3GB1810円2390円
5GB2140円2720円
7GB2700円3280円
10GB2940円3520円
fumiya
私が使っている楽天モバイルの3.1GBでデータ通信+音声通話が¥1600円

ほとんど変わらないですね

けど、奥さんが使用しているスマホ料金は約8.000円なので、¥8.000×12か月=96.000円

¥1.690(3GB)×12か月=20.280円

fumiya
1年間で¥75.720円も違うんだ

LINEモバイルのここに他社との大きな違いが!

LINEフリープラン
月額500円~でLINEトークと通話が使い放題 (カウントフリー)
コミュニケーションフリープラン
SNSの4大勢力「LINE」「Twitter」「Facebook」「Instagram」は消費データがなんとゼロ。(カウントフリー)
MUSIC+プラン
先ほどの4大勢力の消費データ+LINE MUSICの消費データがゼロ(カウントフリー)

カウントフリーとは

LINEモバイルでは、対象サービスのデータ通信量をカウントしないカウントフリーを、各プランで提供しています。
データ容量を使い切っても(通信速度制限がかかっても)カウントフリー対象サービスの通信速度は落ちません。

LINEモバイルHPより

fumiya
SNSを多くやっている10代のお子さんを持つ家庭には、すごいマッチしますね

けど、Youtubeを多く見る人はWiFi環境下で見るように注意しましょう

参考に【3GBあればこれだけできる】
テキストメール(300文字)約198.000回
ホームページ(300KB)約9.900回
Youtube(360P)約4MB 約12時間

LINEモバイルHPより引用

fumiya
他にも気になる格安SIMの会社があるので、また後日お伝えできればと思います

【2017年8月】固定費削減を目的に、スマホへ切り込む

2017.08.04

以上、fumiyaでした。

sponsored links



スマホ 

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、理学療法士のfumiyaです。1986年生まれ/妻と子供2人の4人家族。ブログ【PUSH】を運営しています。30代のただのサラリーマンが、行動することでどのように変化していくのか、変化できるのか。向かったベクトルがあちこち進んで迷走中ですが、できるだけ暖かい目で見守ってほしいです。