ブログのアクセスを増やす効果的な方法【まずはフッターをカスタマイズする方法を覚えよう】

フッター

sponsored links



こんにちは。fumiyaです。

私は、ブログをワードプレスで始めました。当初は、無料テーマでコツコツやっていこうと考えていたのですが、パソコンスキルがゼロに等しかったので、記事を書くだけでも大変でした。

もちろん記事を書くだけでなく、ブログをおしゃれに見せることも必須なので……

fumiya
……もうお手上げでした

こうなったら大人の力で…なんとかするしかない

無料テーマから有料テーマに変更しました。

(現在のテーマはOPENCAGE(オープンケージ)のストーク

OPENCAGE(オープンケージ)のHPからカスタマイズする方法などが詳しく書いてあるので安心です。

少し設定をいじるだけで、

WP ストーク仕様

このような感じに仕上がります。

fumiya
これはもうプロの仕事です

友人のWEBデザインA氏は廃業だって嘆いてました(笑)

ワードプレス「ストーク」で挑戦する【ブログ部】

2017.07.23

約1か月前に、恐らくこれで満足してしまったんでしょうね。ブログとして、まだまだ足りないことに気づかず……

WP ストーク仕様
fumiya
\(゜ロ\)ぁぁぁぁぁぁぁぁぁ、やらかしてるwww

これでは、せっかく間違いで訪れてきてくれたユーザーをみすみす手放しているだけだ(笑)

これだけでも大きな機会損失ですね。もっと早く気がつくべきでしたね。

フッターをカスタマイズする

フッターとは

fumiya
フッターってなに?って方は下の画像の赤枠に注目!
WP ストーク フッター
赤枠の↑ココ 

ブログの一番下にある部分のことを指します。上記の画像では、すごい質素なフッターだということが分かります

fumiya
質素で悪かったな<`~´>

フッターの重要性

トップの上部、ヘッダーといわれる所には気を使ってカスタマイズをする人は多いと思います。それと比べて、下の部分のフッターの方へは、あまり気を使わずに放置しているブログをよく見かけます。

fumiya
私なんかがその代表だが…

スマホでブログを見る機会が増えているので、ササッと下にスクロールしてフッターに辿りつくこともあるでしょう。また、この記事は誰が書いてるのかなって、せっかく興味を持ってもらっても、フッターの情報量が少ないと「あれ?どんな人が書いているか分からない」、「このブログはどんな分野のことを中心に書いているの?」など、自分を知ってほしいのに、知らせる手段を作っていないことになります。

ブロガーにとっては損失なことばかりです。

fumiya
フッターは、ユーザーが最後に訪れる場所なので、興味を持ってもらうのに有効な手段ということだな

これは、カスタマイズせずにはいられない

フッターのカスタマイズ方法(ストーク編・方法1)

手順1

ワードプレスの管理画面の【外観】→【ウィジェット】

WP フッター カスタマイズ
  1. PC:フッター(左)→フッターの左側に設置する場合
  2. PC:フッター(真ん中)→フッターの真ん中に設置する場合
  3. PC:フッター(右)→フッターの右側に設置する場合
  4. SP:フッター→スマホだけに設置したい場合

手順2

たとえば、

WP フッターカスタマイズ

上の画像のように、【アーカイブ】をドラッグしながら、フッター(左)へ持っていくと、

WP フッター カスタマイズ

このように簡単に表示できます。

フッターのカスタマイズ方法(ストーク編・方法2)

手順1

ワードプレスの管理画面の【外観】→【メニュー】→【フッターナビ】

WP フッターカスタマイズ

カテゴリーの欄をチェックして、メニューに追加をクリックします。

手順2

メニュー構造の項目が以下のように追加されます。これを保存します。

WP フッターカスタマイズ

すると、

WP フッターカスタマイズ

またまた、このように簡単に設定できます。

fumiya
もっとオシャレにする必要はあるね

まとめ

  1. フッターは、自分を知ってもらうために有効な手段
  2. フッターは、こちらが伝えたいことを伝える重要なエリア
  3. フッターを目立たせて、ベテラン感を出そう(笑)

 

以上、fumiyaでした。

sponsored links



フッター

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、理学療法士のfumiyaです。1986年生まれ/妻と子供2人の4人家族。ブログ【PUSH】を運営しています。30代のただのサラリーマンが、行動することでどのように変化していくのか、変化できるのか。向かったベクトルがあちこち進んで迷走中ですが、できるだけ暖かい目で見守ってほしいです。