ブログを見てtwitterで反応した読者がいることを知る方法

sponsored links



こんにちは。fumiyaです

fumiya
いやーエゴイストでありたいです
kids
とうとうパパが変になっちゃいました

パパの友達…パソコンしかいないもんね

………急にどうした?と言いますと、

先日、当ブログを見てくれた読者の方が、twitterでコメントしてくれていました。

 

な…なんと、今をときめくCJさんじゃないですか!!

CJさんのブログ【JACK HOUSE】

fumiya
数か月前のCJさんとそっくりですって!

これで私も数か月後には…あれだな…

kids
パパの頭の解釈するレベル…ヤバいね

な…なんとあずさんじゃないですか!

あずさんのブログ【あずさんち】

fumiya
自信を持ってって言われちゃいました

えっ?やっぱり?!才能あるって?!

kids
パパの頭の解釈するレベル…ほんとヤバいね

自信じゃなく、すでに過信になってる

 

注目
twitterの反応してもらった日付がCJさんが8/21、あずさんがなんと8/14です。

8/22まで全く気付かなかった。

(アクセスが増えたことはアナリティクスから気づいていた)

fumiya
検索流入ってやつ?俺氏の時代来た?
kids
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

いえ、違います。CJさんとあずさんのおかげです。

 

さて、本題に入ります。

 

エゴイストになる理由

そもそもエゴイストって?

利己主義者のこと。他人のこうむる不利益を省みず、自らの利益だけを求めて行動する人のこと。フランスの社会学者トクヴィルによると、個人主義者とは厳密に区別される。

wikipediaより引用

 

fumiya
えっ?エゴサーチの「エゴ」ってエゴイストの「エゴ」じゃないの?

エゴサーチとは

インターネット上で、自分の本名やハンドルネーム、運営しているサイト名やブログ名を検索エンジンを使って、自分自身の評価を確認することである。略してエゴサともいう。私・自分・自己を意味する、ラテン語由来のエゴ(ego)と、検索することを意味する英語のサーチ(search)とを合成した単語で、「自分検索」「自己検索」などの意である。「エゴサーチ」は和製英語ではなく英語由来の語であるが、英語ではegosearchingやegosurfingともいう。

wikipediaより引用

 

fumiya
あれ?エゴイストになったらだダメやん(笑)

 

エゴイストになる理由 エゴサーチをする理由

すいません…バカがばれてしまいました(笑)

 

エゴサーチのメリット

  • 発信しているブログの反応が得られる

自分の記事に言及している人は、多少なりとも自分に興味があるということ。その反応をきっかけに会話してみたり、人と繋がる良い機会です。反応に対するレスポンスの速さも重要

  • 良くも悪くも、自分の評価の元になる

記事に対して同じ意見の人もいれば、反対意見の人がいるのも当然です。その反応を真摯に受け止める必要がある場面もあるでしょう。また、自分の意見が違うように解釈されている場合もあるので、記事の見直しのきっかけにもなりますし、それが次の記事につながります。

 

エゴサーチのデメリット

  • 誹謗中傷がある

どうしても意見には賛否両論があります。意見に対して否定的な意見を持っている方から、厳しすぎる意見をもらうこともあるでしょう。メンタル面で弱い方は、恐怖を覚えてしまうかもしれません。サラッと流せる強いメンタルを持っていないと、エゴサーチはおススメできません。

  • 疲弊する

検索してコメントを見る時間がかかり疲れてしまう。私の場合は、エゴサーチしてもほぼ自分でツイートしているものしか現れないので、比較的疲れることはないのですが、著名人の方だとものすごい件数がでてきて、それに反応するだけでも大変ですね。

 

エゴサーチの方法

ツイッター画面を開きます。

【キーワード検索】のところへ、ブログを運営している人は、ブログのURLを入力してください。

 

ポイント
ただ自分のURLのみを入れると、自分がツイッターでブログ更新などのツイートも含まれて出てくるので、あまりおススメしません。自分のツイートを外したい場合は、

【ブログドメイン】-from:【自分のツイッターのID・@からはじめるやつ】

私ので例えると、【f-akrin-m.com-from:fumiya0508_m】

このように検索すると自分自身のツイートを除外してくれます

このように、簡単に検索することができます。

 

しかし、検索するのが手間だし、時間がかかる。

そんな時間があれば、他の事をインプットする時間に使いたい。

けど、レスポンスが悪くなるのは嫌だ。という方に、

次回、そんな方におススメの自動化ツールを紹介します。

 

以上、fumiyaでした

 

sponsored links



ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、理学療法士のfumiyaです。1986年生まれ/妻と子供2人の4人家族。ブログ【PUSH】を運営しています。30代のただのサラリーマンが、行動することでどのように変化していくのか、変化できるのか。向かったベクトルがあちこち進んで迷走中ですが、できるだけ暖かい目で見守ってほしいです。