IFTTTでtwitterの反応をLINEに自動で通知させる方法がめちゃくちゃ便利

sponsored links



こんにちは。fumiyaです

今回は、自分のブログが読者からツイッターで反応があったときの通知方法を紹介します。

fumiya
えっ!そういうのって、勝手に通知がくるもんじゃないの?
kids
パパ、世の中そんなに甘くないよ
fumiya
知らなかった・・・・・・・・・ものすごい機会損失だ…
自力でエゴサーチした結果、なんと最近ブログ界隈を賑わすあの2人から反応があった件

同時に、自力エゴサーチが意外に大変だったことが分かった件

ブログを見てtwitterで反応した読者がいることを知る方法

2017.08.23

そこで、今回は自分のブログが読者からツイッターで反応があったときの通知方法を紹介します。

しかも、自動で!

fumiya
自動?いやいや、世の中そんなに甘くないよ
kids
パパ、そのやり方はあるんだよ
fumiya
え・・・・・・世の中どこまで進化しているんだ\(゜ロ\)

ブログの読者がツイッターで反応した時に自動で通知がくる方法

仕事効率化アプリに【IFTTT】があります。今回は、このIFTTTアプリを使用します。

IFTTT

Google play

Google play からインストールする

App storeからインストールする

エゴサーチのレシピとやらを作成する

レシピ

  • トリガーポイント:Twitter
  • トリガー:New tweet from seach
  • Search for:-from@アカウントID
  • アクションチャンネル:LINE
  • アクション:Send message

参考 ましろぐ twitterのエゴサーチ結果をリアルタイムでラインに通知させてみると凄く便利でした

IFTTTのtwitterのエゴサーチのページへ

IFTTTのtwitterエゴサーチ結果をLINEに通知するページへ

こちらのページに切り替わるので「Get Started」を選択します。

 

twitterとLINEの連携の設定しよう

まだ、twitterとLINEの連携の設定を行っていない方は下の画像のように、twitterとLINEを選択して登録します。

twitter

「connect」を押して、画面が切り替わり、連携アプリを認証を許可します。

LINE

同じように「connect」を選択し、

同意して連携するを選択します。

こんな風にLINEも届きます。

最後にTwitterとLINEの登録の画面に再び戻り、「SAVE」を忘れずに!TwitterとLINEの登録はこれだけ。

 

エゴサーチの条件を設定する

このままでは、自分とは関係ないツイートがLINEで届きます。これは、確実にいらないメールです。

fumiya
ただのスパムメールみたいでした(笑)

ええ……迷惑なだけでした

 

そのため、条件を設定する必要があります

 

IFTTTを開いて、「MY Applets」を選択します。

右上の歯車マークを選択します。すると、下のような画面に切り替わります。

Search forのところに、

エゴサーチしたい語句@除外したいID

を入力します。

参考
例) ブログの 〇〇〇〇.com@twitterアカウントID

私であれば、以下のようになります。

このように設定することで、私のブログをみてtwitterで反応してくれたツイートだけがLINEで通知されます。しかも除外するIDに自分のIDを設定することで、自分のツイートしたものは除外されることになります。

 

fumiya
このように設定することで、私のブログを見てtwitterで反応してくれた方のツイートが自動でLINEに通知が…………あれ……来ない…(泣)

 

fumiya
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(泣)

 

kids
パパ、反応してくれる読者がいないとこの自動化ツールは意味ないからね……

 

fumiya
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(泣)

 

LINEで通知が来る日を祈っている

 

以上、fumiyaでした

sponsored links



ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、理学療法士のfumiyaです。1986年生まれ/妻と子供2人の4人家族。ブログ【PUSH】を運営しています。30代のただのサラリーマンが、行動することでどのように変化していくのか、変化できるのか。向かったベクトルがあちこち進んで迷走中ですが、できるだけ暖かい目で見守ってほしいです。