理学療法士の働き方の意識改革

sponsored links



こんにちは。理学療法士のfumiya(@fumiya0508_m)です。

ここ数年間で「働き方改革」という言葉を耳にします。

某物流企業も週休3日にしよう、という案もあるくらいだ。(そのかわり1日の仕事時間が増えるのだが…)

1日休みが増えるならそれもアリだとは思うが、残業代が減って収入が減るなんていうケースもあるだろうが、会社の給料だけに固執しなければ、それは解決できるだろう。

その気にさえなれば、ランサーズBizseekココナラなど自分の得意を仕事につなげることが可能な時代だ。

実は、理学療法士には「働き方改革」より「働き方の意識改革」が必要だと私は考えています。

 

理学療法士の働き方の意識改革

意識改革が必要だと感じた背景

  • 単位数をマックス取っているだけで「俺、仕事できる」と思っている人発見
  • 勉強会、研修に参加しているだけで「俺、頑張っている」と思っている人発見
  • 給料が安いのを会社の責任だけにしている人発見

 

twitterで印象に残ったツイートがあったので以下に添付します。

fumiya
結局、仕事ができる、頑張ってるって「思っている」だけに価値はない

これからは、会社に長年勤める、頑張っているだけで給料が上がる時代ではなくなってくる

 

意識改革といっても具体的にどうすればいいの?

パラレルワーカーになろう

「副業」ではなく「複業=パラレルワーク」→「本業」×「本業」

複数の仕事(事業)を並行して取り組む人をパラレルワーカーと言います。

単なる小遣い稼ぎではない。

なぜパラレルワークが必要か

  1. 終身雇用制度:東芝の上場廃止危機やシャープの買収など、超有名な大企業でもこのような状態。
  2. 年功序列型賃金:勤続年数や年齢によって賃金が上がる制度だが、これが思考停止を生む。ただ勤務先で就業時間を過ごすだけで与えられる給料。

これからは、理学療法士として、社会人として自立することが求められる。

fumiya
我々理学療法士も、これから安定な時代ではないのは確かです

国家資格さえゲットすれば、ベテランが担当しようが、新人が担当しようが診療報酬は同じ。人件費を抑えるにはベテランを雇うより、新人を2人雇った方がコストは良いですから、っていう会社も出てくるぞ

(まあ、こんな会社辞めた方がいいけどね・・・)

 

パラレルワーカーに向いている人

パラレルワーカーに向いていない人

起業という道も

理学療法士として、起業という選択肢もあります。

堀江 貴史(ホリエモン)のビジネス4原則

  1. 利益率の高い
  2. 在庫を持たない
  3. 小資本でできる
  4. 毎月の定期収入がある

この4つに当てはまるものが多いと、ビジネスは上手くいきやすいと言われています。

 

理学療法士で起業というと、デイサービス、訪問看護ステーションや整体(自費診療)などがパッと浮かんできます。

デイサービスと訪問看護ステーションは、理学療法士のみでは運営できないし、人件費、設備費、その他諸々の費用がかかるので、しっかりした計画と資金が必要になってきます。

パラレルに働くという意味では、起業してすぐは行動しにくいため、長期的な計画がやはり必要です。

2018年度診療報酬改定
デイサービスと訪問看護・リハは、他のサービスと比べて利益率が良いとされていたため、報酬が下がるであろうと予想されています

 

整体院(自費診療)として起業は、数年前から流行っているのためか、よく耳にします。(堀江氏も整体はビジネス4つの原則に当てはまると言っていました)

実際に、私の周りにいた理学療法士も整体院(自費診療)として起業した人もいます。

fumiya
調子が良いと月の売り上げは3ケタいくみたいですが、波はやっぱりあるみたい。一喜一憂してられないそうです。軸として、整体とセミナー講師などをして、パラレルワーカーとして働いています

 

サラリーマンという道

サラリーマン×個人事業というスタイルと言えばいいのかな?

サラリーマンであるメリットを思う存分発揮するチャンスです。

メリットとしては、

  • 信用

  • 定期収入

が挙げられます。

信用
サラリーマンをしているというだけで、何千万もの大金を銀行の融資で引っ張ってこれます。

(もちろん年収や勤続年数も関係してきますが)

fumiya
私は住宅ローンで約2500万ありますが、これに加えて東京の不動産を購入する計画を立てたんです。いわゆるマンション経営です。その資金約2000万を融資できるかを審査してもらったのですが、これがまさかの通過!

このとき、サラリーマンやべーーーーーーーってなりました。

最強ですね。

 

定期収入
毎月の収入が入ってくるので、新たにビジネスをスタートして、その収入がたとえ0円でも大丈夫。失敗してもその収入がある限り、路頭に迷うことはないでしょう。
fumiya
実際に、私のこのブログなんですが、収入は50円くらいですが、サラリーマンの収入でなんとか食っていけています(笑)

このブログを皮切りに、地域で小さいビジネスを「小さく早く」展開していきたいと思っています

そう考えると、サラリーマンを辞める理由って少ないですよね

 

そもそも副業(複業)が禁止されている

そうなんです。

うちの会社は「副業(複業)禁止」だ。という会社が多いと思います。

そんな時は、交渉ですね。笑

 

 

理学療法士が給料・年収で悩むなら、ブログを運営した方が良い理由

2017.09.28

 

fumiya
理学療法士という資格に縛られることなく、パラレルワーカー(いろいろな働き方)をしていくことが必要になってきます

それが、個人にも、会社にも良い影響を与えることになるものだと、私は信じています

 

以上、理学療法士のfumiya(@fumiya0508_m)でした。

sponsored links



ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、理学療法士のfumiyaです。1986年生まれ/妻と子供2人の4人家族。ブログ【PUSH】を運営しています。30代のただのサラリーマンが、行動することでどのように変化していくのか、変化できるのか。向かったベクトルがあちこち進んで迷走中ですが、できるだけ暖かい目で見守ってほしいです。