堀江さんの「好きなことだけで生きていく。」を読んでみました

sponsored links



こんにちは。fumiyaです

このブログ【PUSH】を始めたきっかけの一つでもある、「好きなことだけで生きていく。」について、無性に書きたくなったので、発売から時間は経って、今更ですが書いて見たいと思います。

「好きなことだけで生きていけるわけないやん」と思う人は、そっとこのブログを閉じてください。

fumiya
おーい!ウソウソ。戻ってこーい。

「好きなことだけで生きていけない」って思っている人でも、是非読んでいってくれ。頼むよぉーーーーーー

この本は、「好きなことだけで生きていけない」と思っている人に、是非手にとってみて欲しい。

 

先日の出来事

つい先日、自宅で妻との会話。

ちなみに我が家の家族構成

  • 31歳になっても役職も当らない安月給な夫(低身長・低収入・高脂肪の2T・1K)←ココ笑うとこです
  • 31歳の専業主婦の鬼嫁・口癖は眠たい(あくびをしながら)
  • 将来は恐竜になりたいと人間を捨てる決意をした4歳の息子
  • 将来マカロン(プリキュア)になると決意した2歳の娘
fumiya
好きなことで飯くっていくって最高だよな。ところで、好きなことある?(妻に問いかける)
oniyome
んーーーーー。(結構悩んだ挙句)ダラダラすること

ファッッ\(゜ロ\)笑

fumiya
・・・子どもには好きなことをして過ごしていって欲しいな。俺も、好きなことで飯を食っていけるようになりたいなぁ
oniyome
何言ってんの?好きなことだけで生きていけるわけないやん。我慢は必要なんだよ。

ファッッ\(゜ロ\)

(そらダラダラすることが好きな人は、それだけで生きていけないのは分かる・・・・)

このような出来事があり「好きなことだけで生きていく。」について、ブログに書きたいと強く思った。

 

好きなことってなんだろう

この本を手にとった時に、「好きなことってなんだろう」ってふと考えた。

・・・

・・・・

・・・・・

fumiya
・・・・・・

そう、ないんです。

野球とかは好きだけど、もうプレイヤーとしては、絶対的に無理だし・・・

理学療法士として、野球チームのトレーナーとして活躍したいってまでは熱い想いはないし・・・

fumiya
改めて、ただ作られたレールの上を進んできただけの人生だったんだなと実感した

 

好きなことを探す旅

めっちゃ格好つけて「探す旅」なんて言っちゃった。笑

旅に出ているわけではないけど、この本を読んでからそういう感じ。

何か熱中できるものはあるのか?

逆に「熱中できるもの」を探すこと自体ナンセンスなのか?そんなもの自然に出てくるのか?

考えても分からなかった。

だから、とりあえず行動しようと思った。

 

私が取った行動とは

何をしたかというと、このブログとSNSだ。

ブログの世界なんて知らないし、インターネットもヤフーニュースを見る程度。

SNSなんてほぼやったことがない。フェイスブックで友達の投稿を眺める程度。

私には、全く知らない世界。

知らずに死んでいくより、知っておきたい。ちょっとした興味から始まったこのブログ。

めっちゃ好きっていう感覚まではいかないが、「ハマっている」っていう感覚はある。

少しずつ人と繋がり、今まで知らなかった世界を知る機会がある。

そこから生まれる新しい考え・企画。

fumiya
今まで自分になかった考え・企画が生まれるとき、最高におもしろい

ただ、それが行動にまで至っていないのが反省点

 

士業の皆さん

私の職業である理学療法士も、いわゆる「士業」だ。

「あなたの生き方、本当にそれで大丈夫?」

そう心配してしまう質問もいただく。例えば次のようなものだ。

(中略)

他に多いのは「士業」の皆さんだ。「弁護士の資格を持っているんですけど、弁護士の資格を生かしたおいしい仕事って、何かありませんか?」。こんな質問もよく受ける。そのたびに、「あなたはやりたいことがあって弁護士になったのではないのですか?」と尋ねたくなる。

著者:堀江 貴史 好きなことだけで生きていく。より引用

耳が痛くなる内容。

原点回帰は大事。

「今」なりたいものがあって、目指している人は特に「なんでなりたい」と思ったのか、よく整理しておくといいだろう。(こんなおじさんみたいにならないために。)

面接対策などの文章ではなく、リアルな本音の部分で「なんでなりたい」かを明確にしておくと、自分の進むべき道、進むためにはどうすればいいのか?をしっかり考えるようになる。

 

完全に個人的な超絶お気に入りなトコ

見出しの通りです。笑

ただ、そんな自由すぎる雰囲気の中、これまで一歩踏み出せなかった人が突然HIUのメンバーになっただけで、「一歩踏み出せる性格」になることは難しいだろう。

僕にもその気持ちはよくわかる。だからこそ、僕のここでの大きな役割は「背中を押すこと」「お尻を叩くこと」にあると思っている。

これかなり序盤にある言葉。これで、不意にもどっぷり本の中に引きこまれてしまった。

このブログの名前【PUSH】の由来にもなっています。笑

 

まとめ

「好きなことってなんだろう」と考えさせられるきっかけになった。

結果、その時点ではなかったんだけど…新たにハマれるもの(ブログ)は発見できた。

好きなことが見つからないっていう人は、とりあえず行動は起こしてみる。

ハマらなかったら、それまで。

また違うことに行動してみる。それの繰り返しでいいんじゃないかな。

 

 

以上、今回の記事は妻に見つかってほしくないと思っているfumiyaでした

いいか、絶対に拡散するんじゃないぞ。

もう一度言うぞ、絶対に絶対に拡散するんじゃないぞ。笑

 

 

 

 

 

 

sponsored links



ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、理学療法士のfumiyaです。1986年生まれ/妻と子供2人の4人家族。ブログ【PUSH】を運営しています。30代のただのサラリーマンが、行動することでどのように変化していくのか、変化できるのか。向かったベクトルがあちこち進んで迷走中ですが、できるだけ暖かい目で見守ってほしいです。