元転職エージェントが語る転職時の5つのポイント

sponsored links



こんにちは。fumiyaです

twitterでもありましたが、最近、私の周りでも「仕事を辞めたい」っていうワードが増えてきました。

そんな私も、環境を変えたいと思っている1人です。

今回は1人で悩まずに、友人の元転職エージェントに話を聞いてみました。

(突然のお願いにも関わらず、「いいよ」と快く引き受けてくれました)

fumiya
本当にありがとうございました。この場をお借りして感謝申し上げます

ビックリする内容もあり、ここでは記事に出来ないことが多かった気がしますが…笑

 

ちょっと自己紹介

私の職務経歴書をざっくりと

  1. 大学卒業後→地元の病院へ理学療法士として入社
  2. 理学療法士を辞める決断→転職活動(まじで一瞬ニートになりかける)
  3. 一部上場企業の会社に運よく拾われる→営業職
  4. 営業中にうちに来ないかと(デイサービス)声がかかる
  5. デイサービスで理学療法士として復帰←今ココ

もし次に新しい職場に変わったら、31歳で4社目になりますね。

理学療法士としては、転職回数が多いのか少ないのか…

 

世代別転職回数

リクナビNEXTより出典(2017.1~6集計)

  • 20代では76%が転職経験なし。
  • 30代では約50%が転職を経験。
  • 30代では4人に1人が転職1回を経験。
  • 30代では3割が転職2回以上を経験。
fumiya
30代で4社目だと、10%に入ってくるのね

30代になるとみんな転職を1度は考えるのかな

 

「石の上にも三年」はもうやめよう。

時代は大きく変わろうというのに、日本人は「石の上にも三年」に代表されるような「1つのことをコツコツとやる」という価値観からまだ脱せられていない。最近は少しマシになったが、10年前は転職すらも、ネガティブに捉えられていたくらいだ。節操もなく動く人はこの国では尊敬されない。

そんな時代に、イチロー選手やカズさんのような才能をもたない人が、1つの仕事にとらわれてしまっていては、価値あるものは生み出せなくなっていくだろう。

~中略~

この『多動力』は渾身の力で書いた。「多動力」を身に付ければ、仕事は楽しくなり、人生は充実すると確信しているからだ。あなたの人生を大きく変えることができれば、これに勝る喜びはない。

著者:堀江 貴文【多動力】より引用

 

fumiya
インターネットで簡単に繋がる世界になっている。1つのものに固執せず、業界の壁を乗り越えることが、これから必要になってくる。理学療法士も例外ではない

今の職場で自分が成長できるのか?もしくは人間関係で悩んでいるのか?給料の安さに悩んでいるのか?

悩みは様々あると思うが、環境を変えることも1つの手段であることを理解して欲しい。

決して3年も待つ必要はない。

fumiya
仕事を辞める=マイナスな印象ではないことに気がついて欲しい

周りを気にせずに好きに生きよう

 

元転職エージェントが語る5つのポイント

エージェント
やっと俺の出番かいっ!(怒)

今から、転職するときのちょっとしたポイントを伝授しよう。箇条書きにまとめるから要チェックだ

転職時のポイント

  1. 採用されやすい時期を知る
  2. 転職サイト・エージェントを利用するときに頭に入れておくこと
  3. 転職サイトの非公開求人の事実
  4. 転職しようと考えている会社の口コミ・評判を必ずチェック
  5. 労働条件通知書をもらえ

 

採用されやすい時期を知る

fumiya
転職を考えているけど、どんなタイミングで行動を起こせばいいの?
エージェント
基本的に、新しい会社に入りたいと思っている時期から、約3か月さかのぼって行動起こすといいよ。1月から新しい会社で働きたいならもうそろそろ動いた方がいいよ
fumiya
なるほど。
エージェント
ちなみに採用してもらいやすい時期があるの知ってる?
fumiya
えっ…何それ?(前に登録した転職サイトの人はそんなこと言ってくれなかったぞ…)
エージェント
企業の決算の時期にもよるんだけど、だいたい12月、3月、9月が採用されやすい時期って言われている
fumiya
えっ…何で?
エージェント
例えば、会社の1年間の予算が人事部にも振り分けられ、採用していないとそんなに費用がかからないって見られてしまうんだ。そうすると、次の年からの予算が削られ、求人広告が多く出せなくなる。それを嫌う傾向にあるから、12月、3月、9月は比較的採用されやすいと言われている

 

転職サイト・エージェントを利用するときに頭に入れておくこと

fumiya
転職サイト・エージェントってたくさんあるけど、ぶっちゃけどれがいいの?
エージェント
サイトの場合だと、たくさんの企業から選びたいっていうのであれば、やはり大手のサイトかな。けど、地方の求人は意外と少ないのは事実。田舎だと尚更だよ。
fumiya
やっぱりそう!?確かにそれは実感した。求人数の桁が違ったわ。
エージェント
ポイントとしては、いろいろな転職サイトを見て、どの転職サイトにも求人があれば、離職率が高い可能性が結構ある。いわゆるブラック(かも)。
エージェント
そうだ。転職サイトもエージェントもボランティアじゃないからね。企業から広告料をもらって運営しているからね。言いたいこと分かる?
fumiya
・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
説明しよう

  • 某転職サイト:約40万
  • 某転職エージェント:約100万~120万
  • 地元の某転職支援会社:0円

ざっくりだけど、企業が採用すれば、人材を紹介してくれた転職サイト・エージェント会社に支払うということだ。

つまり、転職サイトからの紹介で採用すれば、企業は紹介してくれた会社に約40万支払うことになる。

元転職エージェント経験談より

エージェント
ということは、エージェントから紹介された人を採用すると、100~120万の費用がかかってしまう。そのため優秀な人材しか採用しない傾向にあるということだ。逆に、採用しても費用がかからない場合であれば、積極的に採用するだろう。ダメだったら辞めてもらえばいいしね(笑)
fumiya
そうだったのか。地元の転職支援会社に決めた(笑)

 

転職サイトの非公開求人の事実

fumiya
転職サイトにある非公開求人って、やっぱり高い給料なんでしょ?
エージェント
うん?(笑)あれは、転職サイトで会社の名前を見られたくないときに使用する会社が多いよ
fumiya
どういうこと?
エージェント
会社Aが転職サイトBに求人を依頼しました。転職サイトCがその求人を発見しました。

何が起こると思う?

fumiya
転職サイトCが会社Aに、転職サイトCでも求人出しませんか?っていう営業電話が死ぬほどかかってくる
エージェント
そうだ。俺も他のサイトの求人見て、その会社に営業電話をめっちゃかけてた(笑)

だから、あれは給料が特別高いわけではないんだよ

 

転職しようと考えている会社の口コミ・評判を必ずチェック

fumiya
よく口コミ・評判とかネットで見るけど、あれ意味あるの?
エージェント
大ありだよ。まあだいたいネガティブな意見ばかりだけどね。逆にその会社の課題が浮き彫りになるから、転職時にその会社の問題がそこから読み取ることができる。あらかじめ知っておくことで面接で優位だよね
エージェント
だから、もし希望の会社に知り合いがいれば、直近の内部事情とかもリサーチしておくとが重要だ

 

労働条件通知書をもらえ

労働条件通知書とは

労働条件通知書(ろうどうじょうけんつうちしょ)とは、雇用主と使用者との間で労働条件を明確にした文書。 労働基準法第15条を根拠法令としている。 法定の項目は書面で交付しないと刑事罰がある。

労働条件通知書:ウィキペディアより引用

エージェント
これは、絶対にもらうべきものだ。口約束だけの給料の提示は絶対に避けないといけない
fumiya
そういう事例はやっぱりあるの?
エージェント
ある。これがあれば万が一提示した金額が払われていない場合、請求することが可能だ
fumiya
どうやって頼めばいいの?
エージェント
んー。転職することは自分だけの問題ではありません。労働条件通知書を頂けると安心して妻にも相談できます。とか、労働条件通知書がないと妻を説得できないので是非お願いいたします。っていう感じでお願いしたらいいよ

 

最後に転職しようとしている人へメッセージをどうぞ

エージェント
転職活動は非常に大変なことは僕も知っています。希望している会社のことをよく理解することが重要です。HPから情報収集できる時代だし、テンパって面接でわざわざHPに乗っている情報を聞くなんていうミスは絶対ダメだ。普段通りの自分を出し切る。自分を信じて頑張れ

 

余談ですが

エージェント
ダメダメーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー。面接の段階で、こんなことは言ったらダメ。会社と温度差があるとマイナスな印象になってしまうので、熱意・夢を語るのは新卒までにしといたほうが無難かも(笑)副業が禁止されている会社で、面接時に就業規則を変えるなんて絶対無理。(笑)

 

以上、fumiyaでした

 

 

sponsored links



ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、理学療法士のfumiyaです。1986年生まれ/妻と子供2人の4人家族。ブログ【PUSH】を運営しています。30代のただのサラリーマンが、行動することでどのように変化していくのか、変化できるのか。向かったベクトルがあちこち進んで迷走中ですが、できるだけ暖かい目で見守ってほしいです。