理学療法士の伸びシロを考えてみる

sponsored links



こんにちは。fumiyaです

 

私は、理学療法士(PT)になって10年になります。

世間では中堅って言われる年数が経ってますが、私のレベルは下の下の上…。笑

fumiya
笑えない(汗)初めは燃えていたのにな…(泣)

 

理学療法士が陥るワナ

回想

  • 資格ゲット:うおぉぉぉ!患者さんを治療しまくってやる。痛みとるぞ、可動域改善するぞ。
  • 就職後すぐ:分からへん。改善しない。どうすればいいんだ?
  • 研修に励む:研修に行った、学会に参加した。ふぅー、俺頑張ったで!自己満足にふける。
  • 月日が流れる:単位数とった。仕事こなせた。俺仕事できるPT。
  • ペースは落ちるが研修には参加:研修行っても、会社に認められない。給料変わらん。モチベーション低下。
  • 思考停止したオヤジ:与えられた勤務時間を会社で過ごす→給料ゲット。

こんなことになっていませんか?

恐らく、こういう風になっている人も少なくないでしょう。

fumiya
残念ながら、私はそうだった(泣)

診療報酬が下がる中、こんな社員には尚更給料なんて上げられないですよ。

毎年昇給があるだけマシじゃないかな。

 

過去と現在

点数も単位数もビックリするぐらい違いますね。

少子高齢化が進み、社会保障費が膨大に膨れ上がる日本では、今後診療報酬が上がることは考えにくいとなると…

fumiya
大幅な年収の増加は見込めないな。子どもが大きくなった時がヤバい

理学療法士の働き方の意識改革

2017.09.03

診療報酬に依存している会社の給料だけでは、食っていけなくなる【Xデー】が来る日も近いんじゃないのか?と不安でたまらない私です…笑

 

理学療法士の平均年収

  1. 給与所得者:平均年齢(45.5) 年収額¥4.236.000
  2. 看護師:平均年齢(36.9) 年収額¥4.201.228
  3. 准看護師:平均年齢(45.4) 年収額¥3.605.868
  4. 理学療法士:平均年齢(31.7) 年収額¥3.580.668
  5. 作業療法士:平均年齢(31.4) 年収額¥3.418.740

引用元:国税庁HP

 

えっ?って思いました?

私も驚きですが、平均年齢が低いので、そこまで悲観しなくてもいいと思いますが、まあ高くはないです。

伸びシロはあまりないかも…

fumiya
PTになって10年間、周りから「高給取りだね」って言われ続け、現実はこんなものよ

 

市場の変化

VR(仮想現実)が加速していますね。

フィットネス市場も危機感を強く持っているみたいです。

だって、家で簡単にできたらフィットネス行かなくてもいいからね。

もうすでに動いている企画もあります。(こちら世界初の空を飛べるプールの企画)

 

fumiya
黒船に乗ったペリーが予防の世界に殴り込みですね

個人的には、非常に良いことだと思います

我々、理学療法士たちはどうでしょうか?

…考えさせられます。

 

理学療法士にこだわらない生き方

理学療法士の養成校を卒業すると、病院、デイ、訪問や特養などに就職する人がほとんどだと思います。

私も実際に病院に就職したわけだし、同級生もそうだった。

けど最近、「資格にとらわれ過ぎていた」と感じる。

この資格を活かすことは、なにも病院などで働かなくてもできるのではないかと思う。

例えば、一般企業に就職して従業員の健康を守ったり、楽しく運動ができるような企画を立てたり、情報を発信することで知識の共有ができたり、方法はもっとたくさんあると思う。

【WELQ】(キュレーションサイト)問題があってから、リハ専門職で正しい情報を発信できたらいいなと、密かに考えていたのだが、新たに開設のニュースがありちょっとジェラシー。笑

fumiya
リハ専門職って、研究や学会とか好きな人が多いから、その知識を自分だけのものにしてたらもったいないって思う

共有して、中学生でも分かるぐらいに噛み砕いて発信すれば、すごい有益な情報だと思うのだが…

こういう情報発信する専門のPTが現れてもいいんじゃないかな

(まあお金が発生するまで地獄かもしれないので、サラリーマンは辞められないか)

 

伸びシロはあるのか

個人的な意見では、伸びシロはないと思っています。今までのように働いていたらね。

PTが陥るワナにかかってはいけない。

知識を活かして、業界の壁を超えていくべきだと思う。

もっと早く気づきたかったけど。

気づいただけでも伸びシロですね。オッケーーーーーーイ。笑

 

以上、fumiyaでした

sponsored links



ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、理学療法士のfumiyaです。1986年生まれ/妻と子供2人の4人家族。ブログ【PUSH】を運営しています。30代のただのサラリーマンが、行動することでどのように変化していくのか、変化できるのか。向かったベクトルがあちこち進んで迷走中ですが、できるだけ暖かい目で見守ってほしいです。