給料が増えないと叫ぶ【当たり前ができてない件】

sponsored links



こんにちは。fumiyaです

みなさん毎月の収入と支出のバランスはいかがでしょうか?

fumiya
うちは完全にヤバいね!収入と支出のバランスは崩れ、毎月の赤字申告。それをボーナスで補てんしている流れでございます(涙)

もしボーナスが支給されなかったら、生きていけませんね。

会社でも「経費削減、経費削減」と口うるさく言われていますが、我が家の固定費の削減を早急にしなければいけません。そこで、固定費の中の保険料を節約してみたいと思ったのでつい「どんな家庭でも生命保険料は月5000円だけ」という本を即購入。

ボーナスを頼ってはいけない

そもそも日本は、ボーナスは絶対に貰えるものだと思っている人、多くないですか?

ボーナスは会社の業績次第で、支給しなくても問題ないんです。

ほとんどは会社の就業規則に記載されているはずです。

会社に行ったら一度確認してみてください。

(あっ、就業規則を確認するときは、密かにしたほうがいいですよ。変な噂が流れたりします 笑)

 

固定費はいくらかかっているかを把握しよう

一度、月にかかる固定費を計算してみましょう。

光熱費など毎月バラバラな支出は、過去一年分を12で割るとひと月の平均が出ますので、是非参考にしてみてください。

合わせて読んじゃえ

我が家の毎月の支出の詳細はこちら(恥ずかしいのであまり見ないで)

我が家は固定費と変動費を合わせて、約24万円ほどの出費です。

毎月約24万円の出費ということは、総支給で約30万が必要となります。

友人の給料を丸裸にする方法

  • 総支給を教えてくれた場合→手取りが気になる→総支給額に0.8をかける→おおよその手取り額が判明
  • 手取りを教えてくれた場合→総支給額が気になる→手取り額に1.25をかける→おおよその総支給額が判明

 

固定費の削減が必要な理由

理由と言っても、支出は極力少ない方がいいですよね。

支出<収入 ←この構図を作りたいものです。

固定費を少なくする理由として、

  1. 理学療法士の給料に伸びシロがない
  2. 子どもが大きくなるにつれて、教育費が増加する
  3. 老後資金が準備できない

 

理学療法士の給料に伸びシロがない

 

子どもが大きくなるにつれて教育費が増加する

 

老後資金、年金の基礎

詳しくはこちらで確認

お金の教養~年金編~はこちら

 

まとめ

  • 毎月の給料を増やすための努力は大事
  • ボーナスに頼らない生活を身につける
  • 毎月かかる固定費を少なくする方法を考える
fumiya
給料を増やす努力も大事だけど、なかなかすぐに報酬につながるとは考えにくい。そのため、無駄な支出を抑えることに、まずは取り掛かろう

固定費を毎月1万円減らしたとしても、年間で12万円、10年で120万円…\(゜ロ\)塵も積もれば山となる

 

以上、fumiyaでした

 

sponsored links



ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、理学療法士のfumiyaです。1986年生まれ/妻と子供2人の4人家族。ブログ【PUSH】を運営しています。30代のただのサラリーマンが、行動することでどのように変化していくのか、変化できるのか。向かったベクトルがあちこち進んで迷走中ですが、できるだけ暖かい目で見守ってほしいです。