理学療法士としてどう働くか?

sponsored links



こんにちは。fumiyaです

理学療法士とは?

理学療法士はPhysical Therapist(PT)とも呼ばれます。ケガや病気などで身体に障害のある人や障害の発生が予測される人に対して、基本動作能力(座る、立つ、歩くなど)の回復や維持、および障害の悪化の予防を目的に、運動療法や物理療法(温熱、電気等の物理的手段を治療目的に利用するもの)などを用いて、自立した日常生活が送れるよう支援する医学的リハビリテーションの専門職です。治療や支援の内容については、理学療法士が対象者ひとりひとりについて医学的・社会的視点から身体能力や生活環境等を十分に評価し、それぞれの目標に向けて適切なプログラムを作成します。

理学療法士を一言でいうならば動作の専門家です。寝返る、起き上がる、立ち上がる、歩くなどの日常生活を行う上で基本となる動作の改善を目指します。関節可動域の拡大、筋力強化、麻痺の回復、痛みの軽減など運動機能に直接働きかける治療法から、動作練習、歩行練習などの能力向上を目指す治療法まで、動作改善に必要な技術を用いて、日常生活の自立を目指します。

理学療法士は国家資格であり、免許を持った人でなければ名乗ることができません。理学療法士は主に病院、クリニック、介護保険関連施設等で働いています。中には専門性を生かし、プロスポーツのチームに属している理学療法士もいます。

日本理学療法士協会HP

協会のHPに「理学療法士とは」の説明が一般の人向けにこのように記載されています。

fumiya
けど実際には、まだまだ世間からの理学療法士の認知度が全然足りない。私は、一度理学療法士を辞めた時に、次の職場で「理学療法士をやってました」って言ったら、「それ何?」っていうレベル。

挙句に、

fumiya
リハビリ……

って言いかけた時、

おっちゃん
あっ!マッサージする人ね

・・・っていう認識。

世間からしたらこのイメージが強いんだと思う。

このイメージは絶対変えないといけないですね。

逆に、理学療法士がこれからいろいろな分野に進出して、周りから「あなたは何をしている理学療法士ですか?」って言われたら最高だと思う。

 

従来の働き方

  • 病院
  • 通所、訪問
  • 住宅改修・福祉用具アドバイス
  • 健康管理
  • スポーツ
  • 障害者(児)通所・入園施設
  • 教員・研究

などが我々からしたら一般的に働く環境だと言える。

 

新しい働き方

理学療法士の新しい働き方として、「未来のPT」の運営者である西野栄行さん(@PT50139040)がこのようなツイートがあったので紹介します。(勝手に紹介して申し訳ありません。)

腹メジャー(@physis_2016)さんの糖質制限ダイエットに興味ある方はこちらから

(勝手に紹介して申し訳ありません)

fumiya
なんか商品の宣伝になってる…(笑)

いや、このような働き方もあるんだよって知って欲しいだけです

 

何が違うのかを考えてみる

おっちゃん
健康本なんか今までいくらでも出版されているし、それが電子書籍になっただけでしょ?
fumiya
ええ、電子書籍になっただけです。けどこれを個人でやっているんです。しかも戦略的に!

あと、今までの理学療法士が出版した書籍って、対象者が医療従事者なのがほとんど。その本から学んだ理学療法士が関わる人に伝える。っていうスタイルだった

しかも従来、出版するには、出版社を介してが一般的で、とてもハードルが高く、どうしても書籍を出したい人は自費出版で高い金額を払って、出版する人もいました。

今では、kindleストアで簡単に個人でも出版できますからね。

イメージをざっくりと

  • SNSである特定の情報を発信し続ける(ここではダイエットとします)
  • ダイエット始めたい人、なかなか成功しない人などがそのダイエットの情報が欲しいからフォローする
  • その人たちから他の人へと情報が伝わる(フォロアー増える)
  • 多くの人がその情報により、ダイエットに取り組む、成功する。
  • 結果、障害予防につながる
fumiya
たくさん情報を発信して、それを見る人がたくさんいる。人はたくさんの情報をまとめたいって心理が働くから、そこで書籍がでるとつい買っちゃうしね

だから途中まで無料公開している書籍が増えているんだと思う

今まで1対1か、1対数十人しか対応できなかったが、このように取り組むことで、1対nを増やすことが可能になる。

nを増やすことで、認知され広まっていく。

認知され広まっていく。

認知され広まっていく。

認知され広まっていく。

fumiya
しつこいってか!?(笑)

けどこの部分がすごい大切だと私は思います。

 

まとめ

  • 従来の働き方が決してダメなわけではない、むしろそれは絶対必要
  • 従来の働き方を続けつつ、新しい何かが必要(パラレル)
  • 知識を発信するベクトルを医療従事者から一般に向けるベクトルの量を増やす
  • 1対nを増やす努力をする

 

以上、fumiyaでした

sponsored links



ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、理学療法士のfumiyaです。1986年生まれ/妻と子供2人の4人家族。ブログ【PUSH】を運営しています。30代のただのサラリーマンが、行動することでどのように変化していくのか、変化できるのか。向かったベクトルがあちこち進んで迷走中ですが、できるだけ暖かい目で見守ってほしいです。