保険のケーススタディ

sponsored links



こんにちは。理学療法士のfumiya(@fumiya0508_m)です。

 

ここ最近の記事の傾向として、

  • 理学療法士の給料って上がんねーじゃん、ヤバいよヤバいよ
  • 今後の働き方を考えようぜ→ヤバい、余計に不安になるじゃねーか
  • 給料上げるの難しいからまずは固定費を削減だ→エイエイオー!ってそこすらまだしてなかったのかよ
  • 保険を見直しだ→内容を見直したら、逝く気満々なのかよって感じで焦るぅーーー(笑) 

という流れです。

別に私は、働き方をデザインする専門家でもないし、保険屋さん・ファイナンシャルプランナーでもないです。

しかし、以外にも自分で考えることをすれば、ある程度の答えはなんとなく出るもんなんだなという印象です。

fumiya
今は情報が溢れかえっている時代。まずは自分で探す、考える。このプロセスが大事だと思います。考えること、サボっていませんか?

つい先日、ブログ経由でDMが来たことによって、また新たに考えさせられたので、今回はそれを紹介します。

以下の記事に対して、質問がありましたので良かったら参照してみてくださいね。

理学療法士の年収を上げる努力をする前に必ずやっておきたいこと

2017.09.19

 

質問の内容とは

固定費削減するために、保険を見直すにはこういう考えもあるんやね!っていう内容の記事に対してなんですが、

あらすじ

  • 万が一の保険→夫がお逝きになった時のシュミレーション。
  • サラリーマン→厚生遺族年金やら公的な保障が手厚い→その存在を知りましょう。
  • 知った上で→保険料を決めようぜ。
読者A
妻はどうするんですか?それから働くんですか?
fumiya
(おーブログ見てくれてる!嬉しいな。あー妻の保険ね。確かに妻の内容は触れていないね)

妻の保険はどうする?

またお逝きになってから働くということ?ですね?

読者A
子どもが働き出すまで保険かけるんでしょ?そこから先の妻の生活。

遺族基礎年金なくなるのでは?近々働く予定はあるの?

fumiya
(えらいグイグイ質問くるやん・・まずは答えやすい質問から答えちゃおう)

 

Q、妻は近々働く予定はありますか?

fumiya
(ほんとはね・・・ほんとは働いて欲しいんだ。けどダラダラすることが好きな人なの・・・)働く予定はないですよ(泣)。

 

Q、子どもが働き出すまで保険かけるんでしょ?そこから先の妻の生活は?

fumiya
子どもの教育費・生活のための万が一の準備はします。(これは、さすがに大変だもんね)

このお金がかかる時期が過ぎれば、生活のために妻は働くんじゃないですか!?

読者A
そういう割り切りですね。笑

万が一の事にお金ばっかかけても・・・ですね。

fumiya
そうですね。妻には自立して欲しいですからね!←(建前)

(家でダラダラ過ごすために、保険がっぽりかけてたまるかぁ。それなら、固定費削減して元気なうちにお前(妻)と一緒にたくさんの思い出を作っていきたいぜ!くそーー愛してるぜ!だから、もしその時は、自分のことは自分でなんとかしろ(笑)←本音)

読者A
(・・・クセがひどいな)

 

Q、遺族基礎年金はなくなるの?

おさらい(私31歳、妻が31歳・専業主婦の場合)

  • 遺族基礎年金:子どもが18歳になるまで支給されます
  • 遺族厚生年金:いつまでも支給されます(終身)

保険を購入するために知っておくべきこと【年金保険の強み】

2017.09.13
fumiya
遺族基礎年金は子どもが18歳になったら、支給がストップされます。

遺族厚生年金の場合は終身です。

読者A
年金が支給される年齢になったらどうなりますか?
fumiya
その場合は、妻の老齢基礎年金+私の遺族厚生年金の2つが支給されることになります。

ちなみにその後、妻が働いて、厚生年金の額が私を上回れば、妻の厚生年金を選択することも可能です。(そんなポテンシャルの妻であって欲しい)

ただこれは、サラリーマンだったらの場合です。

読者A
自営業だと遺族厚生年金が支給されないということですね。自営業は、サラリーマンよりしっかり保険をかけないとということですね。
fumiya
そういうことになります。

という感じで、DMに対して質疑応答は終わりました。ご清聴どうもです。

 

妻の保険をどうするか?

今回のDMを頂いて、浮上した疑問が妻に対しての保険です。

  • ケガや病気のリスク(医療保険)
  • お逝きになった場合(死亡保障)
  • ガンのリスクもある(ガン保険)

保険を購入するために知っておくべきこと【健康保険の強み】

2017.09.12

 

万が一、入院しても健康保険の高額療養費制度があるので、我が家の収入の場合だと、月の医療費の上限はだいたい8万円台になってきます。

 

お逝きになった場合は、葬儀代が気になるところです。(またお前は金の話か・・・)

葬式代の相場は数百万円って言われていますが、現在はすごい安価な葬儀(20万以下)もあります。

我が家では、安価な葬儀をしようって決定しました。

この当たりは、価値観の問題もあるので、よく夫婦で話あっておいた方が良いでしょう。もっと言えば、お互いの両親にも伝えておいた方がよいでしょう。(←たぶん決定権は両親の方が強いかも・・・)

 

ただ、ガンになったときの事は、少し頭に入れておきたい所です。

ガンの治療は、他の疾患より長期的になることが予想されます。また、治療費も高額になる可能性が高いです。

いくら月の治療費の上限が8万円くらいだと言っても、それが何か月も続くとなると、ゾッとします。

そうなると我が家は、そんなに長くはもたないだろう・・・(泣)

 

fumiya
そのため、優先順位的にはガン保険が優先されるかと思います。ただ家族構成や状況によって、変化するものなので、まずはしっかり考えることから始めましょう

 

以上の事は、我が家ベースで考えた上の話です。

夫婦共働きで生計を立てているのなら、また違ったプランを考える必要があります。

 

まとめ

  • 公的な保障を知る
  • 公的な保障の支給される期限を知る
  • 夫と妻の保険の保障する部分の優先順位は少し異なる

 

以上、理学療法士のfumiya(@fumiya0508_m)でした。

sponsored links



ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、理学療法士のfumiyaです。1986年生まれ/妻と子供2人の4人家族。ブログ【PUSH】を運営しています。30代のただのサラリーマンが、行動することでどのように変化していくのか、変化できるのか。向かったベクトルがあちこち進んで迷走中ですが、できるだけ暖かい目で見守ってほしいです。