【理学療法士の転職】通所介護(デイサービス)に転職する際のポイント!

sponsored links



こんにちは。理学療法士のfumiya(@fumiya0508_m)です。

平成30年度の診療報酬・介護報酬同時改定が着々と近づいています。

通所介護(デイサービス)に関しては、新しい加算【生活機能向上連携加算】の創設案がでてきております。

この【生活機能向上連携加算】の創設案は、理学療法士・作業療法士などのリハ職を雇用している通所介護(デイサービス)事業所が多くないことが背景として挙げられています。

平成30年度の介護報酬改定でリハビリ専門職の派遣で機能訓練加算の取得を検討

2017.11.07

【通所介護】平成30年度介護報酬改定による基本報酬の引き下げへ!リハ職も知っておくべきこと

2017.11.16

以前の介護報酬改定の方向性と同様に、平成30年度の介護報酬改定も「基本報酬の引き下げ」「加算の拡充」「自立支援によるインセンティブ」といった方向性で進んでいくでしょう。

となると、通所介護(デイサービス)事業所も、理学療法士・作業療法士といったリハ職を求める声が増えるのではないかと考えています。

それに伴い、通所介護(デイサービス)事業所へ転職する際のポイントを紹介したいと思います。

 

通所介護(デイサービス)事業所へ転職する際のポイント

転職する際のポイント

  • 通所介護(デイサービス)事業所の仕事内容を知るところから始める
  • 通所介護(デイサービス)事業所での理学療法士の役割を知る
  • 通所介護(デイサービス)事業所の市場を知る

 

 

通所介護(デイサービス)事業所の仕事の内容を知るところから始める

まず仕事の内容を知ることは重要です。

これは転職する際には、誰もがリサーチする部分ですね。

これをおろそかにすると、いざ転職したはいいけど仕事内容にギャップがあり、「こんなはずじゃ・・・」っていうケースも少なくありません。

雇い主からしたら、「仕事内容も把握せずに就職したの・・・?汗」って感じです。

理学療法士・作業療法士いえども例外ではありません。

働く場所により多少なりとも求められるものは変わってきます。

fumiya
ということで、現在私は通所介護事業所、いわゆるデイサービスで働いているので、一日の流れを紹介したいと思います。

 

私の通所介護(デイサービス)事業所での仕事内容

1日の流れ

  • 社内の清掃
  • 朝の利用者さんの送迎
  • (必要に応じて利用者さん宅の調査)
  • バイタルチェック
  • 飲み物の提供
  • 個別機能訓練
  • 昼食(配膳・下膳)同じ部屋で一緒に食事
  • 脳トレ
  • レクリエーション・個別機能訓練
  • おやつ・飲み物提供
  • 帰りの送迎
  • (必要に応じて利用者さん宅の調査)
  • デスクワーク
  • 月末月初に請求業務

ざっくりというとこんな感じですかね。状況次第では、トイレ誘導・介助、風呂誘導・介助や洗濯物の片づけもあったりします。

また、担当者会議への出席や新しい利用者さんとの契約も引き受けることもあります。(このへんの業務は生活相談員と相談して決めることが多いかと思います)

ちなみに前職の病院時代の1日の流れ

  • リハ室のベッドでリハビリ
  • 昼食(休憩2時間)
  • リハ室のベッドでリハビリ
  • 業務終了後、ベッドのみ清掃
  • 随時、デスクワーク

改めて比較すると、えらい違いですね・・・。笑

病院時代は、リハ室でリハビリだけやっていた感じですね。

特に請求業務はスリル満点です。汗

請求金額も大きいのでミスは許されないところ・・・いつもプレッシャーとともに請求業務をこなしています。笑(手のエクリン腺・アポクリン腺が開放しまくりです。)

fumiya
これだけスケジュールが違うと、知らずに就職すれば困惑するかもしれませんね。

ワイは、リハビリだけやっていたいんやっていう人には、あまりオススメしません。笑

fumiya
あっ!昼休みも利用者さんと一緒に過ごすので(このへんは事業所で違うかもしれませんが)、昼休みは昼寝せなアカンのやっていう人もオススメしません。笑

ここでのポイントは、考えている転職先の仕事内容を把握すること。(同じ業種でも、求められるものは異なる)これを怠ると、めっちゃ大変な就職・転職活動は水の泡です。

fumiya
私だ!大変すぎて風貌も様変わりですわ!笑

禿げるぅーーー!w

私は、現在4社目に向けての転職活動中ですが、一人では結構しんどいです。なので少し頼れる人がいると心強いですよ!

 

通所介護(デイサービス)事業所での理学療法士の役割を知る

同期の理学療法士(10年)からでも、通所介護(デイサービス)で理学療法士が在籍しているってイメージがあまりないっていう感じなんです。実際にリハビリ特化型デイサービスと名前がついている事業所でさえ、リハビリ職が在籍しているのは約20%ほど・・・

そりゃ、実際にどんなことをしているのか、役割って何?ってなるのは無理ないと思います。

 

 

そこで、通所介護(デイサービス)事業所での理学療法士の役割を紹介したいと思います。(私見ですが)

 

まず病院で働いていると、現在は基本的に【セラピスト対患者さん】の1対1での対応だと思いますが、そこからもう違います。

通所介護(デイサービス)事業所では、

個別機能訓練Ⅰ

  • 機能訓練項目:身体機能向上を目的とする複数種類の機能訓練項目
  • 訓練の対象者:人数制限なし
  • 訓練の実施者:制限なし(機能訓練指導員の指導下ならだれが行っても良い)
  • 個別機能訓練計画:多職種共同でアセスメント行い作成する
個別機能訓練Ⅱ

  • 機能訓練項目:生活機能向上を目的とする機能訓練項目
  • 訓練の対象者:5人程度の小集団または個別
  • 訓練の実施者:機能訓練指導員が直接実施
  • 個別機能訓練計画:多職種共同でアセスメント行い作成する

というように、少し異なってきます。

 

さらに、病院・クリニックであれば、

肩が痛い、挙がらない・・・

膝が痛い、歩けない・・・

 

fumiya
この痛み・動かしにくいっていう部分にコミットしよう!

って部分に重点を置いていたと思います。もちろん患者さんもそういう気持ちで通院してますからね。

 

ただ、通所介護(デイサービス)事業所で働いていると、「このまま自分の家で暮らしたい」って声が多いんです。

fumiya
よっしゃ!肩が痛い?肩の痛みとりまっせ!ヽ(^。^)ノ
おじいちゃん
いや・・・わしな・・・肩は痛い言うたけど、自分の家で暮らしたいんや。肩の痛みが落ち着いても今の暮らしが変わらへんぞ!
fumiya
ハッッ!\(゜ロ\)

というようなギャップが生じることもしばしば・・・経験しました。汗

 

理学療法士が特に陥りやすいと思われる(私が勝手に思っているだけかもしれないが)機能面ばかりフォーカスしていると、通所介護(デイサービス)事業所ではコミットしにくいのではないかと考えています。

理学療法士の役割

  • 現在できていることはなにか?
  • 今後できなくなるであろう動作はなにか?
  • これに対して補助具を用いてカバーするのか?
  • もしくは、環境を整えるのか?
  • では、先を見据えてその練習を今からしていきましょう
fumiya
ただ転倒予防のために運動しましょう。っていうことだけでは理学療法士じゃなくてもできます。

運動を行っても年齢とともに機能面はやはり少しずつ衰えてきます。それなのに転倒しないように下肢筋のトレーニングだけを行ってもナンセンスです。

fumiya
そのため、通所介護(デイサービス)事業所での理学療法士の役割とは、その人の生活をデザインするものだと考えています。

もし、通所介護(デイサービス)事業所に転職を考えているなら、機能面だけではなく今後の生活を見据えるような幅広い視点が必要だと感じています。

 

通所介護(デイサービス)事業所の市場を知る

需要と供給

市場には需要と供給があります。

需要と供給のバランスにより価格が決まります。

結婚してから妻とスーパーに行く機会が増えたのですが、野菜の値段って意外に変動しますよね?

特に天災などにより野菜が全然収穫できない状況の場合、もちろん出荷する野菜の量は減ります。

けど、食っていくためには必要なものなので値段は高騰します。

これが、需要と供給です。

 

では、少し介護業界の市場をサクッと確認しましょう。

 

現在の通所介護(デイサービス)事業所の数を知っていますか?

fumiya
あっ!間違えた。汗
fumiya
(ふぅーーーー。)・・・・・事業所の数だっけ?・・・めっちゃ多いよ!笑

 

44089事業所です。(平成27年)

出典元:平成 27 年 介護サービス施設・事業所調査の概況

2000年の介護保険法制度が誕生してから、通所介護(デイサービス)事業所は右肩上がりで増えてきました。

しかし、前回の介護報酬改定により基本報酬の低下により、小規模な事業所はやや減少傾向にあるそうです。

 

市場規模の確認

  • 2025年に「団塊の世代」が全て75歳以上となる超高齢社会を迎える
  • 2025年には65歳以上は30%オーバー
  • 2050年には65歳以上は40%オーバー
  • 75歳以上の人口については、2025年には約18%(約5人に1人)
要介護認定者

  • 2000年→256万人
  • 2014年→606万人(約2.4倍)
介護給付費 予算

  • 2014年時点の予算では10兆円→2025年の予算見込み21兆円
介護事業所の請求業務からわかったこと

  • 事業収入の約半分が人件費
  • 人対人の対人サービスであることから、労働生産性を上げることは難しい
  • となると、基本報酬以外の加算を取得する必要が絶対(資格所有者、介護職員の勤続年数などによる介護職員処遇改善加算とか)
  • 加算が取得できなくなると経営状況は厳しい

これらのデータを見ると、高齢者の数は増え、国の予算も増える。

しかも、少子高齢化に伴い、労働者は減少傾向なので、介護職員も著しく増加することは考えにくい。

というより不足するだろうと言われているくらいです。

需要と供給のバランスからすると、

fumiya
介護業界きてる!ビッグウェーブがきてる!

 

って感じなんですが・・・

 

医療・介護業界は他の産業とは異なり、基本報酬は国によって決められています。

変な話、サービスの質が良くても悪くても一定の報酬が貰えるわけです。

そこで、基本報酬は引き下げて、加算取得で補ってサービスの質を保とうとしているわけです。

加算の取得ができない事業所は淘汰されていくわけですね。

fumiya
理学療法士・作業療法士の個人の力でどうこうなる問題ではなさそうですね。事業所全体で盛り上げていかないと!

 

現在の基本報酬と加算項目

 

出典:厚生労働省  資料1 通所介護の報酬・基準について

現在、我々理学療法士・作業療法士などが取得できる加算は、上記でも紹介した【個別機能訓練加算】だけです。(2017年現在)

また冒頭でも述べたように、これに加えて自立支援に向けたインセンティブも現在検討している段階です。

他の加算は、看護師や介護職員によるものなので、こちらの人員配置も重要になってきます。(何人いるかは、確認したいところ)

  • 介護職員の内、介護福祉士の割合が5割以上で18単位/回
  • 中重度者の受け入れ
  • 認知症高齢者の受け入れ

など、事業所内外でのマネジメント力も試されます。

このマネジメントがしっかりできれば事業的にも安定するはずです。

そういった意味では、通所介護(デイサービス)事業所はやりがいのある職場だと思います。

fumiya
職員間の意識の統率は必須です。他職種の協力がないと受け入れの体制は整いませんからね。

嫌われる勇気は大切ですが、この業界は女性職員が多いので嫌われるときは一瞬ですよ。涙

嫌われ方は選びましょう。笑

 

私が思う今後介護業界で欲しい人材

介護業界の効率性を向上させるために、ICT(Information communication technology )の導入が有効ではないかと考えられています。

ICTとは、直訳すると「情報伝達技術」です。

通所介護(デイサービス)事業所で働いてより感じたことなのですが・・・

  1. 他職種からの電話連絡が非常に多い
  2. 書類を手渡しで持っていくことがことが多い
fumiya
このご時世になんてアナログなんだ・・・汗

すごい非効率なことが多すぎる。

fumiya
この前、こんなこともありました。涙

・・・・連絡事項をメールで送信したのですが、5分後くらいに送信先から電話連絡がありました。なにか私に不備があったのかと心配したら、まさかの送信内容への返答でした。汗

fumiya
返答ならメールでいいいいやん!って非常にビックリ仰天した出来事でした。個人的には、形式的なやり取りも手間なので、簡単なやり取りならチャットでもOKって感じですが。

 

かなり話が脱線して申し訳ありません、話を戻します。

このようにICTを導入しても使いこなせる人材が、介護業界には多くないのではないか?と思っています。

要因として

  • パソコンが苦手な人が多い
  • 介護職員の平均年齢(43歳)が高い

2025年に向けて、ICTの導入は効率性を考慮して、確実に増加するでしょう。

そんな時に、ICTスキル(PC・タブレットのスキル)を持っていると、事業所からしたら「おっ!」という反応が得られるでしょう。

今の若い世代では造作もないことですが、ミドル世代は遅れることなく、このスキルを獲得すべきです。

 

さいごに

通所介護(デイサービス)事業所への転職を考えるなら

  • 通所介護(デイサービス)事業所の仕事内容を知るところから始める
  • 通所介護(デイサービス)事業所での理学療法士の役割を知る
  • 通所介護(デイサービス)事業所の市場を知る
  • ICTスキルは身につけておく(ミドル世代は特に)

通所介護(デイサービス)事業所への転職を考えるなら、この4つは転職の際には意識しておくと良いでしょう。

さらにポイント

  • いろんな通所介護(デイサービス)事業所を比較すること!
  • 志望しているHPは要チェック(従業員の数も必ず確認:加算の件があるからね)
  • HPの更新具合もチェック
  • 少しでも転職が頭の片隅にあるなら、求人は早めにチェックしよう。(準備が大事)
  • 特に介護職員の求人はチェックする(常に介護職員の求人がでている事業所は、なにか問題があるんじゃないか?って判断基準になります)
その辺のポイントはこちらにも書いてあるよ

fumiya
比較対象するなら、転職サイトに登録するのが一番早いです。

地元の情報誌よりはるかに情報量は多いです。

週に2回くらいサイトからメールはきますが、転職市場を把握するためには労力をかけずにできるので最適かと思います。

効率よく転職市場を把握するためには

 

追伸 転職時に気になる通所介護のお給料事情

 

通所介護(デイサービス)事業所で働く介護職員などの年収もあわせて紹介したいと思います。

通所介護・介護職員などのお給料事情

  • 介護職員:月収21万
  • ケアマネジャー:月収25万
  • 看護師:月収25万
  • リハ職:月収24万
  • 管理職:月収26万(年収451万)

参考:介護求人ナビ

なぜかリハ職だけ年収が記載されていなかったので、月収表記とさせていただきました。汗

最近、理学療法士で通所介護(デイサービス)事業所で管理職として働く人をしばしば見かけますので、そこを目指していく人も今後増えるのかもしれません。

 

以上、理学療法士のfumiya(@fumiya0508_m)でした。

sponsored links



ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、理学療法士のfumiyaです。1986年生まれ/妻と子供2人の4人家族。ブログ【PUSH】を運営しています。30代のただのサラリーマンが、行動することでどのように変化していくのか、変化できるのか。向かったベクトルがあちこち進んで迷走中ですが、できるだけ暖かい目で見守ってほしいです。