退職する際にボーナスって減額されるのか?って気になるお金の話!

sponsored links



こんにちは。理学療法士のfumiya(@fumiya0508_m)です。

fumiya
いやーだいぶブログから遠ざかっていましたよ。この間に世間ではいろいろあったみたいですね(ToT)

セラピストブロガーにとっては、グーグルの12.6事件でかなり深い傷を負った人もいたのではないでしょうか?

rin
fumiyaさんもその一人でしょ?

だからブログの記事を書く気にもなれなかったのじゃないの?

fumiya
フッフッフ<`~´>私はそんなこともあるだろうと専門職に向けた記事は書いていないのだよ!(実はただ書けないだけ)

私の場合は違うんだ!違う件で生きていく上でピンチになっていたのだ\(゜ロ\)汗

rin
生きていく上でのピンチって何?
話が長くなるので説明しよう

  • 10月上旬に今年いっぱいで退職したいことを伝える
  • 冬のボーナスが大幅にカットされる
  • よ・・・嫁が怖くて帰れない・・・汗
fumiya
そうなんです。退職する意向を伝えたことにより、冬のボーナスを満額頂くことができませんでした

その額なんと「10万円也」・・・白目

rin
(退職あるあるよね!)これは、仕方ないことじゃないかな?
fumiya
こればっかりは、悩んでもどうしようもないか・・・(ToT)/~~~

やっと少し立ち直ってきました。

 

ということなので、今回の経験から少し思ったことをまとめていきたいと思います。

 

そもそも退職を伝えるとボーナスは減額されるものなの?

私の勤めていた会社での経験だが、

1社目

  • 5月に7月いっぱいで退職したいことを伝える
  • きっちり夏のボーナスは満額頂きました
2社目

  • ボーナスとは関係ない月に辞めています
3社目(今回)

  • 10月に12月いっぱいで退職したいことを伝える
  • 冬のボーナスは満額もらえず・・・
fumiya
こればっかりは、会社によって左右されるみたいですね。

というより、日本ではボーナスを貰えるのが当たり前な風潮になっているってのもいかがなものかと・・・

それを当たり前のように貰えると思っていた私の詰めの甘さ・・・(ToT)/~~~

fumiya
いや、ほんと・・・しっかりせんといけんです。

当てにはしないことをおススメします。

 

ボーナスの評価の期間はいつからなの?

私が勤めていた会社では、冬のボーナスの評価期間は「6月~11月」となっていました。

会社によって少し異なるみたいですが、ボーナス支給月の前の6か月というのが一般的です。

fumiya
ここで、一つの疑問が・・・

退職するのは12月。評価期間は6月~11月であるのに、なぜボーナスは減額されたのか?

なぜボーナスは減額されたのか?

  • ボーナスというのは、支給の有無や金額においては会社側の裁量によって決められるものである。
  • つまり、ボーナスを支給しなくても、減額しても違法ではない。
  • しかも、将来への貢献度も考慮する会社もある。
  • ・・・という事実\(゜ロ\)(/ロ゜)/

 

fumiya
ふむふむ。やはり会社の裁量によって決められるというわけですな。(就業規則のボーナスの記載の部分は必ず目を通すことをおススメする)

これでは、なんも言えねェーーー\(゜ロ\)

 

ボーナス貰ってからの退職って罪悪感あるの?

fumiya
いいえ。私にはありません。笑
rin
ボーナスドロボーーーーーー!
fumiya
いやいや!別に仕事サボってもらうわけやないんやから!評価期間があるんやからそこはしっかり評価してもらわないとね!(会社自体が業績不振だと仕方ないケースもありますが・・・)

とは言え、心象が悪くならないように言動には配慮する必要があります。

あとは、引き継ぎ業務はしっかり行わないといけません。

残された職員のためっていうこともありますが、就業規則などで「引き継ぎ業務をしっかり行わないと有給消化の返上」「退職日の調整」等が記載されているパターンもあります。

fumiya
やはり就業規則は要チェックや!

 

では、退職を伝えるのはボーナスを貰ってからがいいの?

 

fumiya
そうですね。私はボーナス支給日の後が良いんじゃないかなと思います。(食いっぱぐれないためには)

ただ、転職の準備はもっと早い時期から動いておく必要があると思います。焦ってしまい、いわゆるブラック企業に入社しちゃうケースもあるかもしれません。

fumiya
私は大丈夫なんて思っていたら危ないですよ!前もって調べることはとても重要です。

 

転職時のワンポイントアドバイス

 

少しタイトルと趣旨が変わり過ぎているので、ワンポイントにしておきます。笑

ポイント

  • 同じ地域の転職を考えていれば、会社の見学は行った方が良い
  • 地域が違うなら、口コミサイトで評判を確認
  • また、転職サイトは登録必須レベル

このツイートのニュースの記事を一部抜粋しますと、

日本全体の労働人口が減少する流れのなかで、採用競争に勝つことは企業にとって死活問題です。
かつて終身雇用が当たり前だった時代には、一度入った会社を抜けることはレアケースだったため、「新卒採用」の段階でいかに優れた人材を確保するかが重要視されていました。
それが現在は転職インフラが整備され、人材の流動化が進んできたことによって、企業の人事部門・管理部門は「従業員エンゲージメント」に着目する必要性に迫られています。
採用した人材に高い貢献意欲を持って働いてもらい、また人材の流出を防ぐためには、社内の「働く環境」を整備することが必要になったわけです。
その従業員エンゲージメントが、今度はクチコミを通じて採用ブランディングにも直結するようになった。いわばジョブマーケットは新しいステージに突入したといえます。

引用:「社員クチコミ」の影響力が、日本の労働市場に風穴を開ける Vorkers | NewsPicks Brand Design

つまり、将来日本は人口が減ると言われている中で、「優秀な人材には会社に残って欲しい」、「求職者を増やしたい」という狙いがあります。そのため会社側は「働く環境」を整えることが必要になってくるというわけです。

fumiya
ということは、この口コミを見ることによって会社の中身を少しでも知ることができるツールになるので、使わない手はないでしょう。

というより、使わないと損するレベルですよね。汗

 

まとめ

  • 今回の31歳の冬のボーナスは10万円という厳しい現実
  • 退職を告げるのはボーナス支給されてからがGOOD
  • ただボーナスにとらわれ過ぎるのもいけないよ
  • 転職の準備は早い時期からしておく
fumiya
なにより今回の件で、大きな収入源が1つだけしかないことの恐怖というものまじまじと経験しました。

いやー、まじで収入源は分散した方がいいぜ!

 

以上、今年の冬は乗り越えられないかもしれない理学療法士のfumiya(@fumiya0508_m)でした。

 

追記2017.12.21

今回、私は会社の給料・賞与に依存し過ぎていたことが本当に失敗でした。
ブログアフィリエイトで収入源を分散させる目論見だったが、2017.12.6グーグル事件でそれも非常に危険だということが理解できました。
何か1つに依存しているサラリーマンは、ハイリスク・ローリターンっていう事になります。

fumiya
まだこの時期に気づけて良かったッス!

 

sponsored links



ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、理学療法士のfumiyaです。1986年生まれ/妻と子供2人の4人家族。ブログ【PUSH】を運営しています。30代のただのサラリーマンが、行動することでどのように変化していくのか、変化できるのか。向かったベクトルがあちこち進んで迷走中ですが、できるだけ暖かい目で見守ってほしいです。